スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一人の自分☆

Posted by とる☆ねこ on 05.2008 私の話 4 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

今夜は重文一家と、
ちゃんこ鍋を食べて参りました。
モモコさんのご主人、小林さんが経営されているお店です。

美味しかった~!
一体、何種類のだしを使っているんでしょう。

食べることを優先する時のとる☆ねこは、アルコールを抑えます。
生ビール一杯だけにして、思い切り食べてきました。

ちゃんこの後、うどんを入れて、最後に雑炊。
さずがに、雑炊までは無理でしたが、一口だけ頂きました。

お腹も満腹、亭主と息子は先に寝て、
今は、懐かしの「カーペンターズ」をヘッドフォンで聴きながら、
水割り片手に、至福の時を過ごしています。

何故に今頃「カーペンターズ」。
来週久しぶりにカラオケに行くので、その予習です。

実はフィリピンの女性も一緒に行くので、英語の曲が良いかなと。
短期練習で歌える英語の歌と言えば、
学生時代諳んじるほど聞いた、これしかない、そう思いました。

何にでも、準備万端のとる☆ねこです。
カラオケだって例外では有りません。

今日も、連休中だというのにしっかり働きました。
「はたらく」とは、本当に「はたをらくにさせること」だと痛感します。

私一人が、仕事場にはいると、
滞っている仕事が、あっという間に流れ出します。
30人以上いる人間が、無駄なくきびきびと動き出します。
決して怖いだけの存在では無いつもりです。

みんなが定時で帰れるように、帰ってお夕食の支度が出来るように、
そして、仕事の負担が偏らないように。
流れを見ながら的確に指示を出しています。

その代わり、私は牧場の牧羊犬のごとく、
作業場内をかけずり回らなければなりません。

「おくさん!」「おくさん!」「おくさん!」
一日一体何度くらい呼ばれているでしょうね。
その都度、そこに行って「判断」を下します。
「瞬時に判断する」ことは、難しいのかもしれません。

個々の仕事のエキスパートは何人かいてくれますが、
それらをトータルに束ねることは、なかなか難しい。

作業効率や、従業員さん達の特性を熟知しながら、
適才適所に人を振り分けられるのも、私しかいないでしょう。
そして、キッパリと「判断」をくだせるのも。

ウダムさんのブログの中で、「何が一番欲しい?」という問いに、
「自分がもう一人欲しい」、そう答えました。

もう一人の私に仕事を任せれば、
安心して、私は家で好きな時間を過ごすことが出来ます。

だれか分身の術を、ご存じ無いでしょうか。






「コピーロボット」が居るじゃあないの!
もっとも、私のコピーですと、二人とも仕事を押し付けあってる光景が見える様ですが‥
とる☆ねこさんは、コピーを作っても、結局は2人でフル回転してそうです(笑)そして、「もう一人欲しい」って、二人共言ってますよ~結局、ドンドン増殖をする‥
な~んてねっ!
忙しい人はON、OFFの切り替えが上手だから、コナせるし、充実してるんでしょうね。でもタマには、意識して休まないとダメよ。
2008.05.06 00:27 | URL | マダム半世紀 #- [edit]
あはは、ありえますなー(爆)。
我が社の社員を全員「私」にしそうですよ!
でも、そうなると給料が嵩む、あ、でも、
ロボットだから、給料は要らないか。

オフは、意識して取っています。
丸一日は無理だけど、午前中ヒッキーしたり。
でないと、身が持ちませんよ、本当に!

2008.05.06 08:40 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
現場の活気がこちらにも伝わってきそうな素晴らしい記事でした。
お仕事は大変でしょうが、やはり何をするにせよ、その場に適した人物が仕事を動かしているんだな、と感じましたよ。
…ちょっとね、まだ寝ぼけているため、何を言っているのか自分でもわかりませんが!(笑)、要するに、とる☆ねこさんは素晴らしい仕事人だという事が言いたかったんですよ。

本当にね、皆さんがとる☆ねこさんのようにきびきびと動いてくれれば、もっと仕事がはかどるのでしょうけれど、そういう才能のある方はごく一部。
だから社会が成り立っているんですねぇ…。

これしか言えませんが、お仕事御苦労さまです★

私はもっと不純な意味でwwもう一人自分が欲しいですよ~。ぐうたらな自分が恥ずかしい…
2008.05.06 17:58 | URL | ウダム #- [edit]
そうなんです、私は仕事人間。
一世代前の古ーい奴なんでございます。
24時間、戦えますか?の時代です。

でも生活を支えるため、働き続けなければなりません。
ばあやと、運転手付きで育った私が、
こんなになるまでは、本当に紆余曲折が有りました。

でも、支えているのは、私たち家族の生活だけじゃない。
従業員さん達の生活を支えていると言う意識が、
どうしても、強くあります。

シングルママの従業員さん達の子供達が、
みんな、うちと同じように私学へ通わせられる。
「塾代?大丈夫よ!」そう言える経営者で有りたいと。
浪花節の世界かもしれませんねー。
でも、皆の子、うちの子って思っちゃうんです。

シリコンバレーは、「世界をよりよい場所に」。
規模が違いすぎますが、私の心は同じ。

我が社は、「みんなの生活をよりよい場所に」。
みんなで稼いで、みんなで幸せ。
そんな、会社を目指しています。
なーんて、カッコイー!(自画自賛)








2008.05.06 22:14 | URL | とる☆ねこ #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://toruneko386.blog110.fc2.com/tb.php/81-a30238c9

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。