スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリ勉☆

Posted by とる☆ねこ on 26.2008 息子の話 14 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

息子が小学校5年生の時です。
学校から帰ってきて、ベットに突っ伏して大泣きを始めました。

「どうしたの?」と聞いても、泣きっぱなし。
暫くして、ぽつり、ぽつりと話し出しました。

どうやら、遊び時間のドッジボールに入れてもらえないらしい。
「僕のこと、ガリ勉やって言うねん。ガリ勉は勉強しとけって言うねん!」

「ガリ勉」?

遊び時間はぎりぎりまで外に出て遊びまくり、
学校で勉強なんかしたこともない、
ノートすら取らない息子が「ガリ勉」とは。

確かに、瓶底メガネは掛けていますが、それは遺伝で、
それ以外は元気いっぱい外で遊ぶ普通の子供でした。

不思議に思って、「なんで、ガリ勉なん?」と聞くと、
「僕が塾行ってるからやって。」…

え”え”っ”?!それだけで、「ガリ勉?」

息子の通っていた小学校の中学受験率は本当に低くて、
年に数人。殆どが地元の公立に進学します。

スポーツしている子は褒められても、
塾で勉強している子は、性格が歪んでいると、決めつけられている。
そんな風潮のある地域でした。

だから、塾へ行っていると迂闊に言うと、のけ者にあったりするようなので、
塾へ行っていることを絶対口外しないようにしている家庭も有ったと聞いていました。

でも、隠し事大嫌いな私たち親子は、おおっぴらに言っていました。
塾へ行ってます、中学受験をします、と。
第一、勉強することが後ろめたいなんて、絶対子供に思わせたくない!
だから、堂々と言っても良いよ、そう教えてきました。

覚悟はしていたので「とうとう来たか。」
そんな感じでこのことを受け止めました。
どう解決したものかと、暫く考えて。

そこで、息子に聞きました。「君は、どうしたい?」と。
「僕は、みんなとドッジで遊びたい!」と息子。

1年生の時から休み時間は絶対外遊び!
ドッジ命の息子にとって、今の状況は耐え難いものなのでしょう。

ここは、一つ、親の出番かな?
そう思って、学校に出向き、担任の先生に話を聞いてもらいました。
確かにクラス内で、不協和音が有るようです。

一緒に遊びたがる息子に、「ガリ勉は教室で勉強するもんとちゃうんか。」
そう言って、仲間に入れてもらえていないことも確認しました。
それから、たまに間違った答えを言うと、
「塾へ行ってても、まちがえるんやな。」と囃されたことも多々あるようでした。

そこで、私は先生にお願いしました。
「息子と、その友達に、ゆっくり話し合う機会を作ってもらえませんか?」と。

「息子が話せば、きっとみんな息子が、
ガリ勉では無いと解ってもらえると思うんですが。」
先生は、快く承諾してくださり、クラスみんなで話し合いを持ってくれました。

そこで息子は思いの丈を、みんなと一緒に遊びたいと言うことをアピールし、
先生も仲立ちしてくれて、息子の素直な気持ちを友達に伝えてくれたようです。
友達も、深い根拠があったわけではなくて、
誰か一人が「ガリ勉」と言いだしてから、囃子言葉になったようでした。

それからという物は、息子はめでたくドッジの仲間に加わり、
楽しい学校生活を送るようになれたようです。
その友達連中も、6年になったら、「受験がんばれよ」
そう言って、応援してくれるようになりました。

いじめや仲間はずれは、本当にちょっとしたことで生まれてしまうようです。
息子にも、お友達にとっても、良い経験になったのではないかと
今になっては思う、とる☆ねこです。

日本という国は閉鎖的な部分がまだありますからねぇ。
色の違う者は排除したがるし、受け入れてもくれない。
これって、芸術や文化が発達しない国の特徴です。
でも、最近の日本はずいぶんと成長しましたよね。
担任の先生のご配慮ひとつで、クラスが変われるんですもの、昔よりは進歩してますよ★
でも、出るべき時にちゃんとお母さんが出ていって問題を解決された点など、えらいなぁと感心してしまいましたよ。
よかったですね(^^)
2008.04.27 20:57 | URL | ウダム #- [edit]
痛いエピソードです。まさにオンタイムかもしれません。
仲間に入れないことはないのですが

「かしこいからムカツク」

むちゃくちゃです。言い分もくそも点がいいから「ムカツク」んだそうな。


ムスメは開き直ってます。今のところは。
女の子って、一皮剥けるとコワイです。笑
2008.04.27 21:24 | URL | えるも #kuX..F9k [edit]
先生も良い方だったんでしょうね。
もちろん、とる☆ねこさんのアプローチの仕方も良かったんだろうな~と、思います。
本当にちょっとしたきっかけで、いじめって始まるんですね。
必要な試練とは思いませんが、回りの大人の対処の仕方では、良い経験になる事もあるんですね‥但し、苛められた側も苛めた側も、和解して昇華しないと駄目かも。
男の子の方が比較的単純で素直だと思いますが、それにしても、息子さんもお友達も、いい子達だわ~。
女の子はもっと難しかったりするのかしら‥
2008.04.28 02:09 | URL | マダム半世紀 #- [edit]
そうですね、まだまだ閉鎖的で、封建的。
うちなんて、5代くらい前からこの地にいますが、
まだまだよそ者扱いです(笑)。

最近の日本は、受け入れ態勢が出来たのではなくて、
ただただ、他人に無関心になったのでは無いでしょうか。

子供の喧嘩に親が出るのは嫌だったんですが、
多勢に無勢、多数対一人だったので、
せめても発言の場だけは確保してやりたいと。
その後どうするのかは、息子に任せようと思いました。
2008.04.28 09:51 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
解りますよー!えるもさんの気持ち!
友人のお子さんなんか、
「こんな問題解けるなんて、キモイ~!」
そういわれたそうです。

昔は、走りの早い子は、それで尊敬されて、
勉強できる子は、それで尊敬されたように思います。

今、公立で勉強できる子は、肩身が狭いですよね。
「勉強する」事が、悪いことのように言われる世の中。
日本は、お馬鹿キャラの天国になってますー!
2008.04.28 10:02 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
お友達も、理解のある子達だったのが、
何より幸いしていたように思います。
それと、「ドッジがしたい」という、
息子の執念が、道を開かせたのかも(笑)
「ドッジボール」は、一人では出来ませんからね。

5年生の時の担任の先生は、
とても良い方で、その後も色々助けて頂きました。

女の子は、きっと、もっと大変かも。
私もかわいいからって、よくいじめられましたよ(爆)!
2008.04.28 10:21 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
とる☆ねこさん、当時渦中にいる時には神経もピリピリきていたのでしょうか。でも振り返れば上手く切り抜けられたのですね。

息子さん、逆に今はその経験をバネにして、そして仲をなんとか取り持ちたい、と頑張っている。素敵な人に育ってますね。

おそらく我が家も数年後はいろいろあるのだろう、と頭の隅には置いています。周囲も心配ですが、先週「ボクにどこの中学に行かせたいと思ってるの?ボクはみんなと一緒にあそこの中学(地元の中学です)に行くよ。」と言い出しました。まあ、まだ2年生ですから息子の決意、というほどのことではありませんが、、、、。

いずれにしても、きっと我が家は「秘密」派です。
2008.04.28 13:22 | URL | 七色くれよん #- [edit]
子供は集団になると 自分はそう思っていなくても
釣られて人を傷つける事を言ったりしますもんね。

先生がいい方で良かったですね。

その時は とる☆ねこさんも辛かっただろうと思います。
自分の子供が仲間はずれに遭ってるって考えると
いたたまれませんもんね。

こうやって人の痛みを知ることが出来た事はお互いにとって
良かった事ですね。
2008.04.28 13:58 | URL | みやび #- [edit]
うちは、小2から進学塾に入れたので、
塾の先生から思い切り洗脳されて、
一度も地元へ行くとは言いませんでした。

学校で、勉強が出来ても受験しないと言う子に、
「君はどうしてもっと上を目指さないんだ!」
と、お説教したらしいですよ(笑)。
「上を目指す」事が、正しい道だと、
そんな風に考えていた様です。
塾の思惑通りに育っていたわけですね(笑)。

でも、洗脳のお陰で志望校もすんなり決まり、
息子の意志が引っ張る形で受験を迎えられて、
親としては、凄く楽でした。

オープンにするのも、秘密にするのも、
どちらも要らぬ気をつかいます。もう、こりごり…。


2008.04.28 14:08 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
私もちょうど「鬱」の時期だったので、
当時は結構へこんでいましたね。
もうちょっとで、相手のお子さんに
「牛の刻参り」をしそうになりました。

って、半分冗談ですけど。(って事は半分本気?)

でも、親だけが入って解決できるものでは無し、
子供同士の話し合いに賭けてみたんですよ。
それが駄目なら「牛の刻…」いえいえ。

処で阪神戦、テレビに映りませんでした?
2008.04.28 14:18 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
ありました。4年生のときにぶーちゃんが一人の子だけに意地悪言われる事が・・・しかも今その壁にぶち当たっている所です。いじめではないですがぶーちゃんの言いたい事が言えない性格が災いして・・・担任の先生にお任せ中ですが2日学校を休みました。私も無理やり行かせる派ではないので・・・(塾に行っているメリットその1、学校の勉強は遅れても全く問題無し)でもそれでは解決しません。なのでちゃんと向き合って話し合いをするように説得して学校に送り出しました。どんな顔して帰ってくるか楽しみ?不安です!
2008.04.30 16:38 | URL | ママ #- [edit]
ぶーちゃん、話し合えると良いですね。
うちも、思い切り話し合えたことが、
早い解決を生んで、良かったと思います。

うちは、我慢できずに言いたいことを言う方なので、
言うだけ言って、すっきり!出来るのですが、
言えずに我慢してしまう、そんなお子さんも。

現に、息子の親友は、そんなタイプです。
でも、そのお子さんは、芯が強いんです!
親としたら、心配ですけどね。

ママさんも、たとえぶーちゃんが言えなくても、
「芯の強さ」を信じて、サポートしてあげて下さい!
2008.04.30 21:45 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
バタバタしてる間に出遅れました・・・

まだ我が家ではこういう話は聞いてませんが、
「頭いい子は根性悪いし意地わるい」なんて、
PTAに出てる親でさえ普通にいってますから(汗)
いずれやってくる試練だと思ってます。

中学受験する子が本当に少ないので、
母も子もいらぬ詮索や攻撃をうけることが多々ありました。
きっとどらが受験のときもあるでしょう。

塾に言っていることや受験することを積極的に言うな、
でも友達に嘘はついてはいけないので、
問われたら答えていいよと言ってます。
ちなみになんて答える?ってきいたら、
「オレはチャレンジしたいけど、
ママがお金ないっていうからいけないかもなー!
わからん!っていう。」
だそうで・・・(^^;
なんだかんだと知恵は回ってるみたいです。(笑

本人が受験したい!と強く思っていて、
公立中に一切未練はないですから、
何か言われたとて、負けることはないでしょうけど、
学校での遊びがままならないとなると、それは辛いですよね。
先生への対応など、参考にさせていただきます。“〆( ̄  ̄*) メモメモ
2008.05.02 16:06 | URL | どらぴ #vM1ATlI6 [edit]
その通り、「ガリ勉」って言い出した子の、
親御さんが問題だったようです。
「勉強させる→性格が歪む」
「スポーツしてる→素直に育つ」
そう信じて疑わない方でした。

でも、「ガリ勉」って、はやしたてて、
友達を仲間はずれにしているその人の子は、
「スポーツしてる→素直に育ってる、の?」
って、思いましたけどね。

私の感覚では、「算数が得意」なのは、
「鉄棒が得意」と、なんら違わないと思っていたので、
スポーツジムに通うのと同じ感覚で、塾に入れました。

ジムと塾、どこが違うんでしょうね。
とる☆ねこには、未だにその違いが解りません。



2008.05.02 23:20 | URL | とる☆ねこ #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://toruneko386.blog110.fc2.com/tb.php/75-3589356d

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。