スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然草☆

Posted by とる☆ねこ on 13.2008 本の話 7 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

大好きな「徒然草」の中に、
「友とするに悪(わろ)き者」という一節があります。

「友とするに悪き者、七つあり。一つには、高く、やんごとなき人。
二つには、若き人。三つには病無く、身強き人。
四つには、酒を好む人。五つには、たけく、勇める兵(つわもの)。
六つには、虚言(そらごと)する人。七つには、欲深き人。」

ふむふむその通り、と思いませんか?

あまり身分が高すぎる人も気を使ってしまって、友人と呼ぶのは難しい。
若い人も、隣に並ばれて肌のきめを比べられると辛い。
あんまり強い人も、その人のペースで引き回されるとついて行けないし。
酒好む人は、良いお酒なら大歓迎ですが、絡み酒はちょっと。
武士は友人にいないのでおいといて、虚言と欲深は一切お付き合いお断りです。

これにはまだ続きが有りまして・・・

「よき友、三つあり。
一つには物くるる友。二つには医者(くすし)。三つには、知恵ある友。」

やっぱり、気前の良い金持ちと、医者と、弁護士は、
昔も今も重宝する友達なんでしょうか。

また、別の一節に
「花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは。」
と言うのがあります。

(桜の)花は、真っ盛りに咲いているのだけを、
月はかげりもなく照り輝いているのだけを、見て賛美するのであろうか・・・

いや違う、と兼好法師はこの後述べているのです。

「殊(こと)にかたくななる人ぞ、「この枝、かの枝散りにけり。今は見所なし」などは言ふめる」

なかでも特に物の情趣を解しない人は、「この枝も、あの枝も散ってしまった。
もう見るべき価値はない」などというようである。

花には盛りだけでなく、散ってしまった後にも見所はたくさんあると、
その見所が解らないのは、物の情趣の解らない野暮天である、
そう兼好法師は言ってくれているのです。

そうなんです!

女も盛りに、顔は隈なきをのみ、見るものかは!
散り萎れたるうば桜にも、見所はまだまだあるものを!
その良さを見つけられない人は、顔を洗って出直して来てください!

と、こんな風に、我が身に置き換えて読んでみると・・・
結構おもしろいんですよ、「徒然草」って。

とる☆ねこお勧めの一冊です。

う~ん・・・友人の多くが悪き者ですw
そして、良き友から見ると私は悪き者です・・・
悔しいので何か資格とろうかなと思いますw
この一節は昔教科書かなにかで読みましたが
今読んでみても色々考えさせられますね。
2008.03.13 22:46 | URL | アラタ #- [edit]
自分もお酒は飲みますし、決してて良い友ではありません。
ども、そう言いながら、金持ちと、医者と、弁護士を押さえてるあたりが、実に私らしいかも。

ども、昔の文章おもしろいです。
春霞など、黄砂の良い例だったのでは・・・そんな風に思います。
今昔。意外と、変わっていないのでは・・・そう思っています。
2008.03.13 23:42 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
現実的な言葉と趣のある言葉の同居が、とる☆ねこさんらしくって、つい笑ってしまいます。
「徒然なるままに 日暮し‥」って、始まりでしたか?
高校時代に勉強を放棄していたツケで、ほとんど覚えていませんが‥
あの頃はS.Fに走ってたので、古典とは真逆でした。
とる☆ねこさんに訳して貰わないと、理解ができません(笑)
2008.03.14 01:43 | URL | マダム半世紀 #DchwdfdU [edit]
とる☆ねこさんの解説つきなら読んでみたいですけど。
今は見所なし、とならない為に?
うば桜を咲かせてみたいですね~。
ところで、三種の神器ならぬ、三方の神人がお友達だと
心強いですね。
2008.03.14 04:13 | URL | マイナス #- [edit]
夕べのコメント、ろれつ回ってませんよね。
そうです、夕べはおいしいワインが有って・・・。
コメント返したことすら忘却の彼方です。

今後、飲酒コメントは慎みたいと思います。
失礼いたしました。

2008.03.14 09:50 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
高校時代、私は理数を全て放棄していました。
文系は好きでしたが。
古典をもじった文章を作り、授業中回し読みしていました。
その当時のノート、有るはずなので、探してみて、
またブログで紹介します。(紹介出来る内容かどうかは?)
2008.03.14 10:04 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
「高貴な方は、後世に恥を残さないため子孫は作らないようにする」と言う一節もあって、なかなか子供に恵まれなかった私は、「ほら、聖徳太子もそう考えていたんだって。」等と言い訳して、不妊治療受けなかったんです(笑)。

三方どころか、四方八方神人で守りを固めていますよ。
いざというとき心強いので。
2008.03.14 10:17 | URL | とる☆ねこ #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://toruneko386.blog110.fc2.com/tb.php/33-ef45fbed

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。