スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子時計☆

Posted by とる☆ねこ on 09.2009 息子の話 12 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

やっと、ノートパソコンが帰ってきました。
もちろん、息子と共に。

息子の英国研修は、少々波乱がありました。
現地で、40度近い熱を出したのです。

元気な時は音沙汰無いのに、珍しくメールが来たと思ったら。
「心配させたくはないけど、風邪を引きました。もう寝ます。」

「息子時計」は夜の6時。
でも、こちらは夜中の2時。

「息子時計」とは、英国の時間に合わせた時計の事。
8時間の時差をいちいち計算しなくてすむように。


そこから、「息子時計」が朝になるまで、
「熱を出さなければいいけど…。」ずっと気にしながら、仕事をしました。

ようやく仕事が一段落したのが夕方5時。
「息子時間」朝の9時。


思い切って、電話をかけてみました。
でも、なかなか出ません。

元気になって、外出しているのかもしれない。
でも、「母の感」は不安を訴えていました。


何度か電話して、やっと繋がったと思ったら。
携帯の電波状態が悪くて、すぐ切れてしまいます。

「熱が有るの?」の問いかけに、
「暑い…。」の一言で、電話がとぎれました。

またかけ直し、「誰か呼んだの?」と聞くと、またツーツーツー…。
またかけ直し、「呼んだけど、誰も来ない…。」と弱々しい声、またツーツーツー…。


とにかく大至急旅行会社に連絡をして、
息子の寝ている部屋に、誰か行って貰うように手配しました。

数時間後、ナースが駆けつけてくれて、9度8分の熱だと解りました。
その後、同行の先生も息子の元に行って、連絡を下さいました。

「とりあえず、病院で薬を貰ってきます。」と、先生。
先生からの連絡をひたすら待つ、長い長い時間が始まりました。

夜中にも電話を下さり、「今から薬を飲ませます。」との事。
「とにかく何でも良いから、飲ませてください。」悲壮感溢れる、私。

そして夜中の2時に再び息子からのメール。
「今、吐いた。」の、一言。

朝方にも先生から電話があり、
「食事も殆ど取れていなくて、熱もなかなか下がりません。」


私の心配は、頂点に達し、
翌朝、私は決心していました。

今日一日、熱も下がらずに状態が悪化するようなら、
何とか病院に入院させて、点滴でも打って貰おう!

そして、私がイギリスへ飛ぼう!!と。


仕事もそっちのけで、パスポートや現金やカードを用意し、
着替えを鞄に詰めて、いつでも出かけられる準備をしました。

旅行会社にも、もし入院となったら、
フリーのチケットを押さえて貰うようにお願いしました。


そして、長い長い一日が過ぎて、
夕方、息子が目覚めた頃に電話を入れると…。

「熱はまだ8度台だけど、だいぶ楽になったよ。」と息子。
声もしっかりしていて、昨日とは別人のようでした。

先生からもその後電話があり、「8度はあるものの、目つきも状態も、良くなっています。」
「今日は食事も水分も取れています。」等々報告を受けました。

「お母さん、もし入院となっても、こちらでしっかり看ますから、任せてください!」
そして、とどめは、「お母さん、こちらはいたって、平和ですから。」


私の現地へ行くという決心を、上手く交わされてしまいました。

ずっと傍観していた亭主が一言、「かっこわる~!」
やかましい!!母親という生き物が、全く解っていない!!


そして翌朝の4時、またもや息子からメールが来ました。
「7度台です。予定通り帰れそうです。」

そして、夕方の4時に再びこちらからメールを入れたところ…。
「平熱!」とだけ、帰って、その後メールは無くなりました。


私の長い長い48時間がやっと終わったのです。
荷物を片づけて、その夜は爆睡しました。


さてその息子。寮でのフェアウェルパーティーはもちろん、
ロンドン市内でも隔離されていて、観光や買い物は一切出来ず。

空港の中で、友人が息子のために見つけてくれた、
Harrodsで、やっとお土産を買えたそうです。


私には、これ。

P1020325_convert_20090809160150.jpg
WEDGEWOODの小さな置き時計です。

「お母さん、部屋を作るって言ってたから、
確か、机の上に時計無かったと思って。」


お父さんにはこれ。

P1020322_convert_20090809160453.jpg
dunhillのコインケースです。

「お父さん確か、コインケース古くなっていたよね。」

息子自身の買い物は、思い通り行かなかったようで、
「英国版のモノポリー、欲しかったなあ~。」

残念がる息子に、「今度は自分でもう一度行きなさい!」というと、
「和食の店にいけるようなら、考えるわ。」と、息子。


P1020329_convert_20090809160739.jpg
ベルサイユのお部屋にぴったりの、これぞ「息子時計」


その数日で1キロ痩せて、散々心配した物の、
机の上の「息子時計」をみて、ご満悦のとる☆ねこでした。


さあ、息子よ、時差ボケや、まだ残る咳に負けないで、
宿題頑張るんだぞ~!!


もう、現実なんだから。
















この度はお疲れ様でした。
さぞかし長い長い48時間だったこととお察し致します。
右も左もわからない異国でのことなので、
それはそれは心配ですよね^^
でも大事に至らなくて良かったです!
それにしても優しい息子さんですね^^
良かった良かった!!
2009.08.10 00:46 | URL | TAKE #- [edit]
まったく、子離れできていない母ですよ。
今回のこと、亭主は非常に冷静でした。
でも、40度近い熱を、何日も出し続けて、
必死で看病していた、小さな頃のことが、
フラッシュバックのように、蘇りました。

もう息子は、あの頃とは違って、
体力も十分にあるというのに。
でも、異国でたった一人、個室で高熱を出して、
もし誰にも気づかれないでいたら…。

それを乗り越えるのも、もう息子の人生。
解かっていても、駆けつけたくなる、駄目母です。
かなり自分自身で、反省しています。
子離れしなくちゃ!!と。

でも、この年で丸二日寝ないと、
げっそりやせることだけは、思い知りました。
2009.08.10 23:18 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
親離れ、子離れは、病気には当てはまらないと思いますよ。良い息子さんをお持ちです。よく耐えました。!私の愚息もインドにいますが、消息が分からず(連絡お互いせず)、かえって安心感を持ったりしています。
時計を見て、息子さんと思ってください。!お元気でねー。
2009.08.11 12:13 | URL | 荒野鷹虎 #- [edit]
画像Up
接写もバックを考慮しばっちりですね!
息子さんご無事でなにより。
激しいいつものブログでは想像できんくらい
子供ばなれしてないんですね。
おみやげがこれまた、セレブ~
まー幸せいっぱいってことですよ(^^♪
2009.08.11 21:33 | URL | Tommy #- [edit]
大変でしたね。お疲れ様です。
息子さんはしっかりと日々ご成長なさってますね。
おみやげの時計とても素敵です。
2009.08.11 21:58 | URL | ペカリ #- [edit]
良かったね~無事帰ってこれて。
きっと心細かったんでしょうね~。
又、母の愛を再認識したのではない?^^

子が育つなら、親も強くならねば・・・ってわかっていても、おたおたしちゃうよね。無事である事が成長の証かな。^^
2009.08.12 00:17 | URL | マダム半世紀 #- [edit]
え?息子さん、インドですか?
これまた遠いところにいらっしゃるんですね。
お互い連絡せず、というのが一番かもしれません。

今回熱を出したことも、携帯があったから解かったことで、
そんなものが無ければ、後から聞いてびっくりしてただけ。
でも、もし持たせていなかったら、
一日中誰にも気づかれずに、高熱にうなされていたかも…。
なーんて、そう考えてしまうところがまた、
子離れできていない証拠ですよね。
2009.08.14 19:30 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
接写のバック?
ああ、あれはテーブルクロスを持ち上げただけ。
もうちょっと上にアングルを上げると、
亭主の手が写ります。(笑)

はい。息子は私の「弁慶の泣き所」です。
これではいかんと思いつつも…。
今回亭主も、イギリスまで離れたら、
もうどうしようもないだろう、と考えていたようですが。
パスポートを手に、旅券を手配していました。(獏)

もう少し、時間がかかるかもしれません。
彼女ができたら、速攻で子離れできそうですけど。
2009.08.14 19:52 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
つい先日私もフランスに行ったところだったので、彼の気持ち、とる☆ねこさんの心配、どちらもよく解りますね。
海外での病気はほんまにたいへんです。でも随分逞しくなりつつありますね。日頃の鍛錬がこんな時に発揮します。

お土産、両親のことをよく見てますね。えらい・えらい!
2009.08.14 22:01 | URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU [edit]
>おみやげの時計とても素敵です。
でしょーーー!!(親ばかちゃんりん!)
でも、母の趣味をよく解っていると思いました。

後はもう少し、勉強してくれると、
言うことなしなんですが…。
贅沢は言っちゃいけませんよね。
「健康」でいてくれれば!
2009.08.15 21:33 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
熱があったときの息子からのメール。

「熱は7度台のままです。
風邪がとても流行っているようです。
予定通りには帰れそうです。

家に帰ったらお風呂に入れますか。
たぶん帰るまで入れないだろうから、
一週間ぶりに湯を浴びるということに
なるかもしれません。
咳のせいでお腹がいたいです。

海外で風邪を引いたときの
心細さが分かった気がします。

今からねます。
お休みなさい。」

この翌朝のメールが、
「平熱!」
その一言だけ。
その後は一度もメールすら無し。

母親って、因果な生き物だわ。
2009.08.15 21:51 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
フランス紀行読んでいました。
うらやましい限りです!!
私ももう一度、ヨーロッパに行きたい!

ムーランルージュの時は、コメント入れたかったのですが、
時間がなくて、読み逃げしていました。
昔、ムーランルージュで踊ったことがあるのです!!
と言っても、足をあげて、ではありません(爆)。
新婚旅行でヨーロッパに行ったとき、
ムーランルージュで、亭主とチークを踊りました。
(げー!!)
今では考えられないことです。

私もフィンランドで凍った道路で転び、
頭を打って、病院に行く羽目に陥りました。
言葉が通じにくくて、心細かった事を覚えています。
だからこそ、一人寮の個室で熱を出していた息子の、
心細さが分かるような気がして…。

あ、いいわけですかね。(笑)




2009.08.15 22:14 | URL | とる☆ねこ #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://toruneko386.blog110.fc2.com/tb.php/234-8917448d

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。