スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋☆

Posted by とる☆ねこ on 25.2008 本の話 21 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

お久しぶりです。
ずっと、幕末辺りを彷徨いておりました。

読みかけで終わっていた篤姫を再び初めから読み直し、
まずは読み終わると…。

井伊直弼、勝海舟、皇女和宮…。
等々、それら登場人物の色々なことを知りたくなり…。
手当たり次第に、本や資料を読んでいます。


実は、毎年私はこうなんです。


昨年は、井上靖の「風林火山」に端を発して、
私の興味は、武田信玄、上杉謙信、真田幸隆等に及びました。

挙げ句の果てに、「孫子」をかじり、
「論語」にまで発展しました。

その前の年は、山内一豊関連の書物を読みあさり、
そのまた前年は、義経…。


そう、大河ドラマの思うつぼです。
しかしながら今年は人物大杉。

私も薩摩の諺、「一方聴いて沙汰すんな」の通り、
色々な角度から篤姫や和宮を知りたくなってしまうのです。


時は読書の秋。


仕事や家事の隙間を縫って、
心は幕末を駆けめぐっております。
果てさて、このマイブーム、今年はどこまで行くのやら。


皆さんのブログも拝見したいし…。
時間がいくらあっても足りません。

また、ボチボチ現世に帰ってお伺い致します。


今日は最後に、去年、はまっていた風林火山。

其疾如風、其徐如林、
侵掠如火、難知如陰、
不動如山、動如雷霆。

其の疾きこと風の如く、其の徐(しず)かなること林の如く、
侵掠すること火の如く、知りがたきこと陰の如く、
動かざること山の如し、動くこと雷霆(らいてい)の如し

それを引用して、私も作ってみました。
題して、「亭主火山」


其のつきまとうこと千の風の如く、其の口煩きこと姑の如く、
嫁の人権侵略すること火の如く、髪少なきことハゲの如く、
体太りたること山の如し、動くこと地震の如し。


さて今夜はこの辺で。
お休みなさい!



ご主人 とる☆ねこさんのこと
大好きなんですね~。
付きまとわれることもなくなり
小言も言われなくなって久しいですが
殿方のほうが 女々しい(ごめんなさい)
と 友人からもよく聞きます(笑)
私の 友達なんで 
みんな 男前な女ばかりだからかしら?

しかし 幕末にワープしておられたとは
すごい読書量ですね~
私 1年まえから読んでる三国志が4巻までしか・・・
すぐ眠くなってしまうので
最近は 短いのを読んでます。
これといってジャンルはないですが。
読書はいいですね~。
すずしくっていい季節になりました。
のんびりと日がな一日読書三昧したいです。
2008.09.26 00:23 | URL | miegon #- [edit]
こら~っ!
オチが酷すぎる~
そして、面白過ぎるってば~(泣き笑い)

息子達の調達した本を細々と読ませて貰ってる私。
最近は「クライマーズハイ」
今は「虚空の旅人」
好き嫌いを言えない立場ですが(なぜかそれなりに面白い)そろそろ図書館に行こうかな?

とる☆ねこさんも、時間が無いのに、良く膨大な量を読めると感心しきりですわ!
2008.09.26 00:43 | URL | マダム半世紀 #- [edit]
すごーーい!おもしろすぎる!!

どんな旦那さんか想像しちゃった(笑)

そして、すごい読書量です♪
でも読みだすと止まらないのは
ワタシも一緒ですーーー
掘り下げて読む。なるほどなぁ・・・雑多に
手当たりしだいだから知識が貧しくなるのかな。。ワタシ。

ええと
今は近所のジャス※の古本出店で¥50だった
「聖アウスラ修道院の惨劇」
その前は貫井徳郎の「妖奇切断譜」(笑)
2008.09.26 10:46 | URL | えるも #kuX..F9k [edit]
お見事な風林火山のパロデーでした。!
私も以前このような記事を書いた事があります。
懐かしい思い出がよみがえりました。
歴史が凄く好きなようで詳しいですねー!
又見に来ます。
2008.09.26 19:39 | URL | 荒野鷹虎 #- [edit]
う~んなるほど…
ほぅ~なるほど…

うん、うん、と納得しながら読んでいたら…

最後に吹いてしまいましたww
上手いなぁ~(笑)
2008.09.26 20:20 | URL | ウダム #- [edit]
うちの亭主は、
「妻を愛している、自分を、愛している」のです。
あくまでも、愛しているのは私ではなく自分です(笑)。

>殿方のほうが 女々しい(ごめんなさい)
あやまらなくって良いんです。
うちは、私がおっちゃんで、亭主がおばちゃんです。
まわりみんなから、同じ評価を受けています。(爆)

読書のスピード、昔はかなり早いほうでしたが、
近頃めっきり読むのが遅くなっています。
やはり、集中力が劣ってきたようです!!
年のせいでしょうか。(泣)

読書三昧、したいですね~!!
仕事も家事も全て放棄して!!


2008.09.26 20:58 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
「クライマーズハイ」、
もちろん読みましたよ!!
日航機関連の本は、全て読んでいると思います。
何せ、凝り性なもので…。

時間は、とにかく、無いっ!!

友人の愛犬の納骨式やら、仕事やら、運動会やら…。
でも、睡眠時間を削ると、絶対に持たないので、
夫婦の会話を削っています(爆)。

今夜から、「竜馬がゆく」に、突入です!!
2008.09.26 21:10 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
>掘り下げて読む。
そうなんですよ。
その時代に拘ったり、作者に拘ったり。

「風林火山」にはまったら、その時代の武将について、
片っ端から読んでいく、とか。
「芥川龍之介」にはまったら、彼の作品を全部読むとか。

でも、どんどん忘れていきますからね。
知識量はいつも一定なんです(爆)。

今夜はこれからまた、幕末に、
「行って来まーす!!」
2008.09.26 21:19 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
「古い奴だとお思いでしょうが…」
古典、歴史物、大好きです。
洋の東西を問わずに好きなのですが…。
記憶力が乏しく、知識として身に付きません。(笑)

後ほど、私の「小泉論」を、
荒野鷹虎算のブログに、コメントしに参ります。
2008.09.26 21:35 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
毎度毎度、オチつきで、すみません。
関西人の性格でしょうか。
一度は笑わせないと、気が済まないのです!!

でも、近頃世間は笑えない事ばかりで、
私は幕末に引き籠もっている状況です。

太平の江戸時代が終わり、動乱を向かえた時のように。
今また日本は、崖っぷちなのかもしれません。
でも、その日本を導いてくれるような人物が、
この時代に、現れるのでしょうか。
2008.09.26 21:42 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
う~~ん。なるほど。妙に納得できたりします。

私も凝り性なところがありますけど、これには脱帽です。
でも歴史物はとても大好きですよ。これだけ読んだら、きっと私は現世に帰ってこられないかもしれません。
2008.09.26 22:49 | URL | 阿修羅王 #QmhNi1cU [edit]
昨夜から「竜馬がゆく」に、入りました。
これは以前、途中で頓挫してしまい、
最後まで読んでいなかったものです。
幕末のややこしい時代背景が、ちんぷんかんぷんだったので。
その当時よりも少しだけ幕末に詳しくなってきた今、
興味がぐっと沸いてきました。

朗読のCDがもっと出てくれると、
仕事しながら聞けるのに…。残念!!


2008.09.27 10:41 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
こんばんは、
とる☆ねこさんの本の読み方私も同じようになり、
本代節約のために図書館通いします。
ただ外国ものが多いので、読んでいて名前を忘れ、また読み返す、
年は取りたくないですね。

「亭主火山」、お腹抱えて笑いました。
これ、食器棚の裏にこっそりと貼っておきたい気分です。




2008.09.27 22:23 | URL | 琳子 #- [edit]
私も時々、息子に頼んで、
学校から借りてきて貰うこともあります。
でも、読んで気に入った本はまた読みたくなるので、
結局は買うことになります。

でも、我が家は結構息子も読むので、
二人で読んだら元が取れるかな?と。(笑)
今は二人して「竜馬がゆく」にどっぷり。

私と息子は「活字中毒。」
亭主は「活字アレルギー。」
一つでも私に似てくれていて良かったと…。
息子と二人して同じ本の話題で盛り上がる時、
生んで良かったとしみじみ思います。

2008.09.27 23:02 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
ご主人活字アレルギーですか?
うちも同じです。ついでにPCアレルギーでもあります。
うちの子は二番目が活字中毒で一人の作家に嵌ると、
そればかり読んでいます。
好きな分野が違ってお互い頑固なので買った本は溜まるけど、元は取れません。
小さい時から図書館に通い、夜は読み聞かせをしたけど、
本好きなのは一人だけ、夫のDNAが強かったみたいです。
今はこちらにいないので、
息子さんと本の話ができるとる☆ねこさんが羨ましいです。
でも、時々オタクな会話になりませんか?
映画や音楽、本を読んでいて、これはあの本のあの部分の引用だとか。




2008.09.28 23:16 | URL | 琳子 #- [edit]
ひとつの事に興味を覚え、それをきっかけに次から次へと。
私も多分にそういう傾向があります。
大河、日本の歴史を身近に感じるにはいいですよね。
篤姫に関しては堺雅人さんの役つくりの上手さから家定という人に対するイメージが随分変わりました。
彼には新撰組!のときからやられっぱなしです・笑
2008.09.28 23:45 | URL | 紫 #- [edit]
>でも、時々オタクな会話になりませんか?
あります!あります!!
もう、そんなことだらけですよ!!
「孫子曰く?」と私が問うたら、
「兵は詭道なり!!」と、息子が答える。

「ウインガーディアム レヴィオ-サー!」
「ディセンディウム!」
「クルーシオ!!」
「エクスペクト パトローナム!!」

そう言うとき、亭主は全く蚊帳の外で、
お前ら何いってんの?状態です。
テレビのBGMも、同様に盛り上がりますよ。

二番目のお嬢さんは、私と全く同じですね!!
私は、一人にはまると、次々読みたくなってしまって。
幕末からは、当分出られそうにありません。

2008.09.29 11:39 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
家定、良かったですよね~!!
私も、すっかり堺雅人さんのファンになりました。

初め「虚け」で出てきた時は、
なんじゃこりゃ?と思っていましたが、
橋の上でよろめいた篤姫を抱きかかえた時の、
あのシビアな目つき!!

一瞬で惚れてしまいました(笑)!

原作では夫婦の会話などもっとあっさり描かれていますが、
「若き慶福を助けて御台が執務に当たるように」
と言う言葉は残したように書かれてありました。

病の床で、「御台よ、なぜ以前の時のように会いに来ぬ?」
あのセリフには号泣してしまいました…。


2008.09.29 11:53 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
なかなかコメント出来なかったのですが、
全て拝読させて頂いております。
とる☆ねこさんのブログは、本当に勉強にもなりますし、
改めて考えさせられることばかり・・・

私も読書の秋しています。
「龍馬がゆく」は何度手にしたことか・・・
思えば一番好きな本かもしれません。
結婚してから、主人の本家が本に登場していることを知り
「この結婚、運命だったのかも」と思ったものです(笑)
読み始めると、もうしばらく幕末から戻ってこれませんよ~
私はこれからハリーポッター、英国辺りをうろうろ予定です。

またお邪魔させて頂きまぁす♪




2008.09.29 21:50 | URL | 満天星 #- [edit]
お久しぶりです!!
私は過去に二度くらいチャレンジして、
第一巻で挫折していました。
幕末の知識が極端に少なくて、
読んでいてちんぷんかんぷんだったのです。

でも、この度予習して挑んだら、ああなるほど!
頭にすらすら入って来て、もうどうにも止まりません。

ご主人の本家って、もしかして三菱財閥?
でも、そうであっても、この本の中では、
酷い書かれ用をしていますよね。
司馬先生だったから、文句を言えなかったのかも…。

ハリーの世界に行かれるのですね。
「死の秘宝」でしょうか。
あまりにも次々殺されてしまうので、
息子曰く「ローリングは異常者だ!」
初っぱなから私は号泣してしまいました。

私も、幕末ブームが去ったら、もう一度、
賢者の石から読み返していきたいと思っています。


2008.09.30 11:44 | URL | とる☆ねこ #- [edit]
三井財閥なんておこがましいです~
その昔、本家が御所近くにあったようで
本当にさらっと書かれているだけなんです。
でも、独身時代の愛読書でしたので
何行かの描写でも、運命を感じたほど嬉しかったんですよ(苦笑)
私もまた読みたくなってしまいました!
でも、今夜もこれから「間違いノート作り」が待っています。
とる☆ねこさんのように時間の捻出がうまく出来ると良いのですが(>_<)

2008.09.30 20:55 | URL | 満天星 #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://toruneko386.blog110.fc2.com/tb.php/175-2e53129d

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。