スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

置き土産☆

Posted by とる☆ねこ on 20.2015 猫の話 4 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

とんがりさんちのくりちゃんが、
闘病の末、亡くなりました。
とんがりさんのブログ日日是茫日

全てのものには、寿命があって、
いつかは、別れが来るのだけれど。

いざ、その時を迎えると、悲しくて、辛くて。
失う事への恐怖心が、判断を狂わせます。

そんな中、ちゃんと命と向き合った、
とんがりさん夫婦に、心からエールを送りたいと思います。


我が家でも、多くの猫たちを看取ってきましたが、
我が家には、「猫の置き土産」という考え方があるのです。

今いる猫たちが、亡くなっていった猫たちの、
まるで生まれ変わりのように、思えるときが…。

それは、彼らが遺していってくれた、
優しい置き土産のように、思えるときがあるのです。


真っ白な猫のKAZU、こと和子。
誰にでも愛想がよく、特に亭主の「本妻」でもありました。

ところがある日突然に体調を崩しだし、
病院で色々検査をしたものの、原因不明。

打つ手もなくどんどん衰弱していき、
約半年後、私の腕の中で、息を引き取りました。

「必ず生まれ変わって、うちに来てね!待ってるから!」
最後の瞬間、私はそう叫んでいました。


雉猫の金ちゃん、こと金太郎。
9キロ近い巨体で、わがままで、凶暴。

異変に気付いたのは、年の瀬12月。
仕事が忙しく、よく猫たちを見ていなかったのです。

そういえば数週間前、福に噛みついて、
怪我を負わせていました。

たぶんその時、歯を痛めたのでしょう。
食事が全く採れなくなったようでした。

多頭飼いをしていると、個々の食事の量がわからず、
気付いた時にはすでに、かなり痩せていました。

けれども凶暴な性格はそのまま。
病院に連れて行って、治療を受けるとなると、
また拘束帯で、縛られ続けることになります。

そこで、もう、自然に任せることを選びました。
柔らかい餌も与えてみましたが、一切食べようとしません。
大好物だった海苔にすら、反応しませんでした。

それでもトイレには、最後まで自分で行きました。
その為にベットから降りるのを失敗して、さかさまになり、
仮死状態になっていた事もありました。

「帰って来ーーい!!」と、何度か呼んだら、
何とかその時は戻ってきてくれました。

けれど程なく、最後の時がやってきました。
ちゃんと、亭主と私が傍にいるときでした。

眠りながら足を動かして、走っていました。
そのまま天国まで、駆け上がって逝きました。


猫その2、ことコタン。
生まれた時から偏食がひどく、食事に苦労しました。

ところが晩年、ボケてしまったせいか、
他の猫たちの餌まで食べて、吐いて戻すの繰り返し。

あるとき、猫風邪が我が家で蔓延してしてしまい、
他の猫たちは、薬を打ってもらえましたが、
コタンは老齢だったため、治療できないと言われました。

このまま一緒にしていたら、他の猫たちの風邪も治らない…。
苦渋の決断の上、隔離することにして、
一人階下で暮らすことになりました。

最初は寂しがって鳴いていましたが、
他の猫のストレスから解放されたのか、
猫風邪も少し治まって、長生きしました。

それでも、寂しい思いをさせてしまったことだけは、
まるで棘のように、心の中に刺さっています。


そして、姫は、まさしく和子の置き土産。
我が家に来た時から、亭主の「本妻」に収まりました。

愛想もよく、来客にも姿を見せに来ます。
「私、綺麗でしょ?」という態度は、和子そのものです。

福くんは、金ちゃんが亡くなった後、
海苔が大好物になりました。

それまで、見向きもしていなかったのに。
これもまた、金ちゃんの置き土産でしょうか。

茶々は、ペットショップから、猫風邪をひいたまま、
我が家にやってきました。

コタンは治してやれなかったけれど、
若い茶々は、すぐに治療することができました。

おまけに偏食もひどく、食べ物に苦労しています。
態度も似ていて、間違って名前を呼んでしまう程です。


命は、継がれ、繰り返されていく…。

猫たちの置き土産は、
それを教えてくれている様な気がしてなりません。


最後に、一番長い年月を一緒に暮らした、
27年生きた猫の記事を載せておきます。

彼女には命の基本のようなものを教えてもらいました。

執着しすぎないこと、悲しみ続けないこと。
なぜならそれは、彼女が絶対に望んでいないことだから。

「一緒に過ごした楽しい年月を、忘れないで。」
「私を、笑顔で思い出して!」

気付くのに、一年もかかってしまいましたが、
彼女の死が、私の現在の死生観を決定づけました。

これもまた、大きな置き土産だと思うのです。


27年生きた猫☆











スポンサーサイト
  

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。