スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイ☆

Posted by とる☆ねこ on 24.2009 私の話 16 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

五月十九日、母が亡くなりました。
享年八十五歳。

昨年末から肺炎をこじらせて意識すらほとんど無く、
月曜日の朝、もう熱も出ない状況だと知らされました。

夜になって駆けつけると、酸素マスクをして、
苦しそうな母がいました。

私が呼びかけると、はっと目を開き、
確かに私だと、確認してくれました。

何とか母の言葉を聞きたいと思い、話しかけてみました。

母も、何かを話したいと思っているようなのですが、
酸素マスクの中で、それは言葉になりませんでした。

マスクが鬱陶しいのか、はずしてくれと意思表示しました。
何度か衝動に駆られましたが、亭主に怒られ、思いとどまりました。

いつも帰る時にするように、バイバイと手を振ると、
ちゃんとしっかり振り返してくれました。

手を握ると、温かい手で握り返してくれて、
私の手を握ったまま、再び眠りに落ちました。

眠っている間は、マスクも気にならないようなので、
起こさないようにそっと手をはずしました。

眠っている母に、「もう、頑張らなくて良いよ。」
そう、声を掛けて帰りました。


次の日、遅い夕食の最中に電話が鳴り、
母が亡くなったと聞きました。

急いでタクシーで駆けつけ、
まだ暖かい母に触りました。

その夜遅く、自宅に帰った私は、
ビールの栓を抜き、母と乾杯しました。

楽になったね、ご苦労様!!
美味しいでしょ、ビール!!


母が口から物を取れなくなって、3年。

母に胃ろうの処置を施す、と兄達が言った時、
私は一人、大反対しました。

口から物を食べたり飲んだり出来ないのに、
ただ生きて何の意味がある?!

我が儘で、気位が高かった母に、
寝たきりの生活をさせるのは、もっと嫌でした。


早く死なせてやりたい。
この3年間、私はずっと、そう考えていたのです。


病院に、見舞いに行くのも嫌でした。

特に食事時、病院内に食べ物の臭いが立ちこめると、
いたたまれない気持ちになりました。

「ご飯をくれないのよ。」意識のはっきりしていた頃は、
そう言って、病院を恨んでいた事もありました。


それもこれも、もう終わり。


母の魂は、軽やかに駆け上がって、
父や、叔母や、親友達の元に逝ったのです。

「遅かったじゃない!」母の親友の声が聞こえます。

今頃あの世では、宴会三昧、ぐでんぐでんになって、
得意の小唄を歌っているでしょう。

みんな笑顔で、笑い声まで聞こえてきそうです。


見守ってくれなんて、言わないわ。
そっちはそっちで、楽しんでね。


バイバイ、ばーさま!!















スポンサーサイト

感染列島☆

Posted by とる☆ねこ on 17.2009 本の話 12 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

猫息子の学校が、新型インフルエンザの為、
一週間休校になりました。

猫息子の通っている学校のすぐ近くの学校で、
日本初の新型インフルエンザ国内感染者が出たとの事。


我が家は、ナノブロックやN95のマスク、手袋、水、食料品、医薬品等を備蓄。
シャープのウイルスカットの空気清浄機も3台購入。

○国内感染者が一人でも出たら、登下校を車で送迎する。
○パンデミックになったら、二階の玄関を封鎖し、猫息子は奥の部屋へ幽閉。

○我々夫婦は、一階から出入りして、一階で入浴と着替えを済ませて、
 内階段を使って、二階へ上がる…。

等々、パンデミック時のシュミレーションをして、
万全な対策を練ってきたつもりでしたが…。


よりによって、猫息子の学校のある区域で発症するとは…。
そこまでは、「想定外」でした。

連休明けからはナノブロックのマスクをするように言っていましたが、
猫息子の事、ちゃんと付けていたのかどうかは、定かではありません。

その学校の生徒と、同じ車両に乗っていた可能性もありますから、
もしかしたら、もう既に、感染しているかもしれません。


なにせ、猫息子、趣味が麻雀とインフルエンザ罹患ですから。


潜伏期間が5日前後と考えて、
週半ば過ぎまで、体温計と睨めっこの日が続くでしょう。


今回のインフルエンザは、早めに対処すれば軽く済むようですが、
感染力はかなり強いようなので、今後どうなっていくかが心配です。

猫亭主などは、「早めに罹って、ちゃんと入院もさせて貰って、
免疫付けた方が、良いんじゃないの?」等とのんきな事言ってます。

うーむ、確かにそれもありかもしれない。
まさしく、どちらが運が良いのか悪いのか。


折しも私は、「感染列島」を読み終わった直後。

今の日本は、Phase5、パンデミック・アラート期。
いえもう、Phase6、パンデミック期に入ったのかもしれません。

でもこれは、きっと、次の新型インフルエンザの序章に過ぎない。

次に来るインフルエンザが、タミフルも何も効かないウイルスだとしたら。
そして、死亡率の極めて高い恐ろしいウイルスだとしたら。


人々は、為すすべもなく、恐怖のどん底に陥るでしょう。
我々は、未知なるウイルスとの戦いに、果たして勝利できるのか。

まるで、二千年紀の、ノアの箱船。


あ、また私は「感染列島」に、感染していますね。

やっぱり、防護服とゴーグルも、購入して置かなくちゃ。
それから、リンゴの苗も、忘れずに…。


たとえ明日、地球が滅びるとも、
今日、君はりんごの樹を植える。















運☆

Posted by とる☆ねこ on 11.2009 息子の話 14 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

私のブログは、半分は身内への近況報告になっています。
先日久々に開いた宴会でも、その話題になり…。

「なんだかしょっちゅう会っているような気がするわ。」
そう言って貰えました。

これもブログの良いところ。

ご無沙汰を 文字に流して とる☆ねこ流


そして今日もまた、近況報告を一つ。
猫息子、英国留学に行ける事になりました。

といっても、豚インフルエンザの脅威にさらされている今日。
いつ何時、中止されるかは解りません。

でも、彼は、とりあえず切符を手にしたのです。
220名中、40名だけが手に入れられる、チケットの一枚を。


例によって、例の如く。
もの凄く、彼らしい方法で。


もちろん、220名全員が希望したわけではなく、
希望者は60人弱だったように聞いています。

処が!!

成績順に選ばれると直前になって知らされて…。
(本人は、以前から知っていたようですが。)

まあ、猫息子ですから、猫語は出来ても、英語が出来るわけもなく、
成績はベートーベン・ピアノ・ソナタ第八番ハ短調作品13。(悲愴)

上から順に採られたら、行ける通りもなく、
保護者説明会では、終始肩身の狭い思いでいました。

「○○君も行くの?息子喜ぶわ~!!」
何人かのお母さんが、そう言って下さいました。


ザクッ!!(心に、何かが突き刺さった音)


「まあ、息子は絶対無理だと思うわ!」そう必死に答えても、
「またまた~、そんな事無いわよー!!良かった、一緒なら安心。」

そう言って頂けて、有り難い事なんだけど…
猫息子よ、もう少し、回りの期待にこたえろよ!!

発表の日を、それはもう、忘れたい気分で過ごしておりました。
そして向かえた、その日。


猫息子からメール一本来るわけでもなく、(猫ですから)
仕方なくこちらからメールをしました。「どうだったの?」

程なく返信があり、「行けるよ」の一言。


仕事が終わってから、ゆっくりと事情を聞くと…。
今回の宿題考査の、平均点以上の人間が、まず合格。

処がそれでは定員に満たなかったため、
あとの10名ほどを、くじ引きで決めたというのです。

深海魚にも、一縷のチャンスを与えてくれる、なんという学校!
と言うより、平均以下は皆一緒、なんという学校!


素晴らしい校風!!
さすがは猫息子が惚れ込んだ学校です!!

平均点に、1点足りなかった者が涙をのみ、
平均点に、程遠い息子が、当たりを引きました。

「相変わらず、強運やね。」呆れたように私が言うと、
「まあね!!」しれっと、猫息子。

フェーズ6になったら、とても学校として行けないでしょう。
そうなって、中止になるかどうかも、息子の人生。

まあ、お前の人生に、付き合う気はないけど、
本当に、そのくじ運の良さは、亭主譲りやね!!


あとは、女運だよ。
オーッホホホホ!!!!








人間の覚悟☆

Posted by とる☆ねこ on 06.2009 私の話 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

大阪府在住。働く主婦。
子供一人(高一の息子)、亭主一人、猫三匹の六人家族。

このブログの説明を、変えようかと思っています。

大阪府在住。働く主婦。
猫五匹の六人家族。

猫を拾ってきたわけでも、
もちろん、別居・離婚などの類ではありません…。

いくら言っても懲りない亭主と息子。
いっそのこと、彼らを「猫なんだ!」と、思う事にしたのです。


人間だと思うから、言葉が通じなくてイライラしたり、
人間だと思うから、今度こそ解ってくれると期待したり。

亭主だと思うから、社長だと思うからいけない。
息子だと思うから、○生だと思うからいけない。

そうだ、あいつらを猫だと思う事にしよう!!
そう割り切った瞬間、私のストレスは消え去りました。

スッキリ!!!


猫が、会社に行く…!!
凄い!!猫なのに!!

猫が、学校に行く…!!
スゲ!!猫なのに!!

言われなくちゃ、何も出来ない…!!
仕方ないわ、猫だもの。

何度言っても、ちっともやらない…!!
仕方ないじゃん、猫だもの。


ね、これは意識革命ですよ。

人間関係に悩んでいるあなた!!
相手を猫だと思う事をお勧めします。

犬は駄目ですよ。
従順な犬は、ちゃんと言いつけを守りますから。

夜行性と言いながら、夜も昼もずっと寝ている、猫。
腹減った時にだけ、甘えて意思表示する、猫。

何度爪を研ぐなと叱っても、いつもバリバリやる、猫。
いくら名前を呼んでも、気が向いた時しか来ない、猫。

「猫の手も借りたいほど」と言って、
究極の時しか、アテにされない、猫。
それでも、何の役にも立たない、猫。


それでも、愛されて、家の中で一番偉そうにしている猫。


猫に、営業を頑張れと言う人がいますか?
猫に、勉強を頑張れと言う人がいますか?


私は猫五匹を養うために!!
頑張って働きますっ!!

これも、「人間の覚悟」の一つ。
ねえ、五木寛之さん。








  

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。