スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臭怪倶楽部☆

Posted by とる☆ねこ on 27.2009 友達の話 19 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

昨夜、恒例の「臭怪」に行って参りました。
高校時代からの女友人が7人。
(詳しくは、7月の「いよいよ最終巻」の記事参照)

でも、昨夜の「臭怪」は、ただの飲み会ではなく、
友人の一人のご主人が亡くなり、満中陰の集まりだったのです。

彼女は、メンバーの中で一番最初に結婚。
そして、一番最初に未亡人になってしまいました。

とる☆ねこは、一つの覚悟を持って、臭怪に出かけていました。
「彼女の話を、ずっと聞いていてやろう!」と。

最初は、剛君の裸事件で盛り上がり、
「さあ、脱ぐぞ、いや、飲むぞ~!!」などと、
表面上はいつものような「臭怪」でしたが…。

ぽつり、ぽつり…。彼女が話し出しました。
ご主人の発病から、亡くなるまでの様々なプロセスを。

でも、運命だから、仕方がないよ…。
生き物の死亡率は、100%だよ。

ここにいる、全員いつかは絶対死ぬんだよ。
早いか遅いか、ただそれだけの違いなんだよ。

そんな言葉をかけながら…。

「老後は一緒に住もうよ!!」結局そんな話しになりました。
独身のメンバーもいて、前々からそう言う事は言っていたのですが。

それが、現実として、目の前に迫ってきたように感じました。
人間は、一人では生きて行けない。

でも、その時のため、培ってきた友情じゃない?


とる☆ねこは、自宅と作業場をその為に利用する事を提案し、
各自も、所持しているマンションを転売するなどして、
「グループホーム」を作る話になりました。

甘えて良いんじゃない?
もうこの年まで、付き合ってきたんだから。
我が儘言い倒して、来たんだから。

明るい老後を、みんなで過ごそうね、
そんな話しになった時、有る「掟」を思い出しました。


我が「臭怪倶楽部」には、高校時代に決めた、一つの「掟」があります。
「死ぬ時まで、人から笑いを取る事!」

それは、倶楽部の誰かが死んだ後、
即座に誰かが駆けつけて、そのご遺体に、
送り人ならぬ、死化粧を施す事。

どんな、死化粧かですって?

死後硬直前なら、両親指を鼻に突っ込む。
死後硬直後なら、せめても、バカボンのメークをする事。

そして、「最後のお別れです」と言って、
花を持って、みんなが最後の対面をする時に…。

手に持ったハンカチで、そっと「笑いをこらえるよう」に。
「最後の最後まで、笑わせてくれる奴」になるために…。


昨夜は、もの悲しく、そしてリアルに、
その話しで、盛り上がりました。


お互いに、その確約を家族にまでちゃんと伝えるという事を言い合って、
昨夜は別れました。

今朝、兼ねてから言ってあった息子に、その確認をしました。
「臭怪倶楽部のおばちゃん達が、お母さんに何しても、文句言わないのよ。」

息子は、冷静に答えました。
「解った。最後に俺が、肉の字を、おでこに書き入れてやるから。」

お母さんは、筋肉バカボンになるのかよーーー!!
なんて、良くできた息子だ~!!


昨夜の記念写真も、串芋や田楽をくわえていたり、
お箸を八の字にくわえていたり…。
笑いを取ってなんぼの、私たち!!

認知症 みんなで惚ければ 怖くない

「臭怪ホーム」実現のため、今日も地道に働いて来ます!!









スポンサーサイト

本日のお薦め☆

Posted by とる☆ねこ on 20.2009 本の話 16 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

奥田英朗著、「ガール」。
久々に、つぼにはまった一冊です。

彼の作品は、伊良部先生シリーズ以外、
読んでいませんでした。

不勉強でした。


女は生涯一ガール。
結婚しても、仕事してても。

そして、歳を取っても、ローバになっても。
(これは、私の付け加え。)

女は男の目なんか気にしていない。
自分が楽しいからお洒落をするのだ。
若くいたいと思うのだ。

そうそう、女は自分が大好きなんです。


私はお洒落じゃないし、化粧もしない。

パックをしてても、コラーゲンを飲んでても、
誰も気付いてくれないと思う。

でも、この年にしては引き締まった身体や、
これだけ疲れているのに、この程度ですんでいる、目の隈。

それはもしかしたら、そう言う努力の積み重ねかも。
生涯一ガールである事を、自分自身が、忘れたくはないから。


「ガール」の中の、短編の一つ、
「ワーキングマザー」も、共感を覚えました。

シングルママが、必死で仕事と育児をこなしていく。
男親の部分まで、補おうと、キャッチボールの特訓をする。

我が家も息子が小さい頃は、
亭主の仕事が忙しくて、
ずっと、シングルマザーのようでした。

パジェロに息子を乗せて、雪山にも行ったし、
海外旅行も、私が一人連れて行きました。

父親も一緒の家族連れを横目で見て、
羨ましく思ったりもしました。

キャッチボールも、よく息子とやりました。

「○○君って、パパいないの?」
息子の友達に、そう言われた事もありました。

でも、必死で父親の役割まで勤めていました。
懐かしい思いがこみ上げてきて、本を読みながら泣いてしまいました。


ここに来られる女性の方達には、きっと共感頂ける一冊だと思います。
男性陣も、女性の心理が少しは解って頂けるかも。


それから、音楽でも、お勧めの女性シンガーが。
MELODY GARDOT (メロディ・ガルドー)。

ジャズシンガー。
なんでも、奇跡の復活を遂げた女性らしいですが…。

20代前半とは思えない、素晴らしい声の持ち主です。
今もヘッドフォンで聴きながら、ブログを更新しています。

二つアルバムを出していますが、
どちらもお勧めです。


さて、今日は朝6時起きで息子の弁当を作り、
家中に掃除機をかけ、洗濯をし…。

また、忙しい一週間の、始まりだっ!!
仕事に行って来ます!!












政権交代☆

Posted by とる☆ねこ on 12.2009 私の話 15 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

日々走り回って、「放電」し続けているせいか、
「充電」したくてたまらない時期にあるようです。

本が読みたい。

音楽が聴きたい。

美容パックがしたい。

美味しいお酒が飲みたい。


要するに、時間がある時は、本を読みたい。
それも、音楽を聴きながら、美容パックをして、美味しい酒を飲む。


少々疲れているのかもしれません。
でも、その疲れすら楽しみたいのかも。

一度しかない、人生ですから。
こんな人生、二度有ったら、真っ向、ごめん被りますが。


そんなわけで、皆さんの処にも行かず、
色々な新刊を読みつつ、一回300円の美容パックと、
おまけに、資生堂のコラーゲンまで飲み始め、
心身共に、若返ろうと策略している、とる☆ねこです。


政界のタローのように、エビちゃんを知らなきゃアウトだろうなんて。
嗚呼、なんて恥ずかしい台詞を吐くのだこの男は。

若返ると言う事は、そう言う上っ面を言うんじゃないんだろう!
机上の空論としか思えない彼の経済成長戦略構想。

まあ、彼の頭では、現実を見据えて、
少子高齢化社会でも、実のある日本を作る事は考えられないのかと。


近頃勤働のお陰で、逆三角形になってきた肉体と、
どんどん新しい知識を欲している、とる☆ねこ。

それと裏腹に、筋肉痛と闘い、
どんどん物忘れが増えていく、とる☆ねこ。

売り上げは下がってきても、利益率を過去最高にさせようと、
頑張っている、とるねこ。

リストラや、定年制は絶対したくなくて、
いつまでもうちの会社で元気に働いて貰いたいとハッパをかけるとる☆ねこ。


若返りや、右肩上がりは無理だと承知していても、
裏腹な現実を見据えて、
何とか横ばいをキープしようと、地道な努力をするとる☆ねこ。


どちらが、次の首相に相応しいですか?


さて、机上の空論はこの辺りにして、
今から、「イチローの流儀」を読みたいと思います。

音楽は、久々にGeorge Winston
SUMMR

では皆様、行って参ります!!













  

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。