スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立ち☆

Posted by とる☆ねこ on 31.2009 息子の話 8 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

今年に入ってから、亭主と二人、
息子の事を色々話し合っていました。

もうすぐ、高校生一年生。
そろそろ何か、手を打たないと…。


「英語を覚えなきゃいけないのは、日本が戦争に負けたせいや!
だいたい、産業革命に、出遅れたのが原因や!
英語なんて、大嫌いやーーー!!!」

これが日頃の息子の常套句です。
この、英語嫌いをまず何とかしよう、と言うことになりました。


亭主はこの春休み、「英語にどっぷり放り込み作戦」で、
「ニュージーランド二週間単身留学」を、企てました。

私は私で、公文の先生や、先輩ママ(年齢は遙かに下ですが)に相談し、
英語の家庭教師を捜すことにしました。

息子にも話しをしましたが、当然ながら、いい顔をしません。
でもお構いなしに、我々夫婦は着々と作戦を勧めていきました。


まず、先輩ママの紹介で、家庭教師派遣会社の方が家まで面接に来てくれました。

「代表」と名刺に書かれたその方に、現状の息子の成績を伝え、
なんとか良い先生を紹介して欲しいと話しました。

そして、その方が息子と二人きりで話すことになって、私は席を外しました。
一時間後、「お母さん、話し終わったから。」と息子が呼びに来ました。


「家庭教師は必要ないと言うことで、意見が一致したから。」と、息子。
そうです、「論破」してしまったようなのです、その「代表」を。

まあ、今更取り繕って、家庭教師を頼む事にしても、受け入れる息子ではありません。
こちらも潔く諦めて、「代表」におわびをし、帰って頂きました。


実は私にはもう一つ「秘策」がありました。
イギリス人の先生が、家庭教師を申し出てくれていたのです。

彼の授業は、受験対策の英語ではありませんが、
今息子が学校で習っている教科書を、英語で説明して下さるとのこと。


もしかしたら、うちの変人息子は、
日本語で説明されるより、英語で説明される方が興味が沸くかも知れない。

でも、息子の今の成績では、悠長にそんなことを言っているより、
受験対策の日本人の先生を付けるべきなのでは…そう、迷っていた私です。

息子が日本人の家庭教師を「論破」してしまったことで、
私の迷いは消え、確信に変わり、早速来て頂くことにしました。


第一、英国人を「論破」するには、
まず、自分の英語力を磨かねばなりません。

これは、面白い事になりそう…。


案の定、息子は、英国人の先生相手に、手も足も出ず、
彼の話す言葉を聞き取る事に、集中していました。

そして、息子の口から出た言葉は…
「嗚呼、緊張したわ~、でも、おもろい!」

家庭教師として来て頂くかどうかは、もちろん息子に決めさせました。
親が決めたら、後々文句の種にされるのがオチですから。


「どうする?お願いするの?」ときくと、
「うん、お願い!!」以外と強い言葉が返ってきました。

そして第一回目の授業が終わった後には、息子が先生に、
「春休みには、週に2回くらい来て欲しい。」(もちろん、英語で。)
そんな希望まで、出すようになっていました。


さて、一方亭主の企て「ニュージーランド留学」ですが…。

息子は、「塾の「春期講習」を受けたい!」と、入塾案内を貰ってきました。

「絶対にこっちの方が、今の僕には必要やから!」と息子。
「行きたくない言い逃れとちゃうんか?」と亭主。

暫く問答が続いていましたが、
亭主が折れて、「勝手にしろ!!」と言うことになりました。

私の考えでは、まあ、多少言い逃れは有るにせよ、
自ら申し出た春期講習と、無理矢理行かされる留学とでは、
…前者の方がましかな、と。


前述の家庭教師派遣会社の代表の、最後の言葉が蘇りました。
「お母さん、彼をもう、28歳位の若者として、扱ってあげてください。」

そう言えば…。
身長も、去年初めて抜かされて、今では8センチも差を付けられました。

体だけでなく、これからは、
心もどんどん大人になっていくのでしょう。


この春は、我が家にとって、
「巣立ち」の春になるのかも知れません。


ちょっと寂しい、母なのでした。
















スポンサーサイト

就任演説☆

Posted by とる☆ねこ on 24.2009 社会の話 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

昨日の朝、学校に着いた息子からメールが入りました。
例の記事の、コピーでした。

「学校の対応は?」と返すと、
「三時下校」と、返ってきました。

大至急詳細をネットで調べ、
「とにかく気を付けて帰ってくるのよ」と、メールを打ちました。

愉快犯だと思いつつも、携帯を握りしめながら、落ち着かない一日を過ごしました。
しばらくの間は、携帯を手放すことが出来ないかも知れません。


それにしても、日本が腐ってきているような気がします。

何でもかんでも、親のせい、人のせい、国のせいにして、
自暴自棄になり、罪もない人々に刃を向ける。


そんな国に、誰がした?

いえ、それも責任転嫁ですね。
こんな国にしてしまったのは、私たちなのです。


先日の、オバマ新大統領の就任演説。

iKnow!を使って、じっくり全文聞かせて頂きましたが、
今の日本に、そのまま丸ごと必要な言葉ではないかと思いました。


「自由と共にあるのは、責任。
責任を果たしてこそ、未来が開ける。」

「祖先の屍の上に、今我々はいる。
だから、我々も身を投げ出して、未来に繋げようではないか!」

彼は、過ちを過ちと認め、その上で責任を果たし、
国民が誇りを持って力を合わせれば…

アメリカは、再び生き返る事が出来る!


蕩々と流れる大河の如く、時に穏やかに、時に激しく…
彼は国民に訴えました。

私は、心の底から感動し、こう思いました。


日本人も、出来るはず!


勤勉、誠実、謙虚…先人の教えを踏襲(ふしゅう)し、
この未曾有(みぞうゆう)な経済危機を乗り越えよう!

破綻(はじょう)寸前の、実体経済(じつぶつけいざい)を活性化し、
低迷(ていまい)した資産経済を救う措置(しょち)が焦眉(しゅうび)の急だ!


各政党の思惑(しわく)の壁を乗り越え、政治経験の有無(ゆうむ)を問わず、
本当に有能な人材を集めて、困難に立ち向かえ!

危機の詳細(ようさい)を把握し、政治的使命を完遂(かんつい)すれば、
日本経済の未来も、順風満帆(じゅんぽうまんぽ)!


嗚呼、まず第一に…。


これだけ頻繁(はんざつ)に日本語を間違える、我が日本の首相!
自由民主党総裁、麻生太郎(あほうたろう)氏を…。


CHANGE!!








共通点☆

Posted by とる☆ねこ on 18.2009 息子の話 8 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

昨日は、関西圏の中学入試が本格的に始まる日。
朝早く、息子は学校に、入試のお手伝いに行きました。

息子の学校では、中学3年生が中学受験のお世話をするようです。
真剣な受験生達の姿を見て、初心を取り戻せ、と言うところでしょうか。

この3年間、心行くまで遊び呆けてきた息子。
今日の経験が、良い薬になって欲しいと願っていました。


息子が帰ってきて、立て続けに言いました。

「いつもの教室と、空気が、全く違った!」

「もの凄い、緊張感!」

「それがこっちにまで伝わってきて、プリントを配る手がみんな震えてんねん!」

受験生の緊張感が、お世話をしている中学生にまで伝わって、
手が震えて、皆プリントを上手く配れなかったのだとか。


「で、あんたは?」と聞くと、
「全然!」と、息子。

「俺は、いつも通り、平常心や!」


その言葉で、3年前の息子の姿が、蘇りました。


塾の友達と、肩を並べながら受験会場に歩いて行く息子は、
緊張はしているようでしたが、本当に楽しそうでした。

今まで頑張ってきたことを、やっと発揮できる時が来た。
「よーし、やったるで!!」そんな声が、聞こえてきそうでした。

そして、「意気揚々」と、第一志望の学校の門をくぐって行きました。


この息子の本番の強さは一体…。


そう言えば…。


私も小さい頃から「ホンチャンのお嬢」と呼ばれていました。
踊りの舞台でも、ピアノの発表会の時も…。

私が4歳で日本舞踊の初舞台を踏んだ時、
出番が来ても、イヤイヤをして、泣き続けていましたが…。

いざ舞台に上がると、別人のように見事に舞ったそうです。
客席に流し目をする、余裕まで見せたとか。


そうそう、亭主も、大きな会で大勢の人の前で、
台本も無しに平気で挨拶が出来る、と言う特技がありました。


我々一家には、「緊張感を楽しむ」という、変な共通点が有るのです。

舞台が大きければ大きいほど、
ワクワクして、イキイキして、ノリノリになって行く。


3年後、大学受験という大舞台で、
息子は、見事に舞ってくれるでしょうか。



高校留年という、奈落の底に、落ちるんじゃないぜ!!






CHANGE☆

Posted by とる☆ねこ on 13.2009 息子の話 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

替え歌を作った罰が当たったのでしょうか。

土曜日の夜、急に胸が苦しくなり、
動悸、息切れ、めまいに襲われてしまいました。


思い起こせば丁度一年前のこの時期も、
同じようにめまいがひどくなり、病院に行ったところ…。

「過労です。安静にしてください。」
そう言われて帰ってきました。


年末年始の忙しさ…。
それに加えて、去年は義父宅の掃除や、我が家のリフォームと…。

去年は「めまい」だけだったのが、
今年は「動悸」「息切れ」も引き連れて、バージョンアップ。

さすがの私も怖くなり、日曜日はひたすらねむり続けました。


せっかく先日、例の占いの先生から、
「今年は素晴らしい金運に恵まれるわよ!」と言われたのに。

こんな時に、倒れている場合じゃない!!

先生は「いくら良い運気が来ていても、
逃してしまっては駄目なのよ。」と仰います。


ただの「過労」や「更年期」なら、心配はいらないのですが、
とりあえず病院に行って、近々検査をして貰うことにしました。


さて、久しぶりに息子の話…。


公文の先生に勧められて、
「高校生と社会人のための現代数学入門講座」なるものに参加しました。

一日目は、「正多面体とガロア理論」と「三角函数から楕円函数へ」。
二日目は、「非ユークリッド幾何学の世界」と「《計算》から見た数学」。


一日目のお昼頃、息子からメールが届きました。

「さっぱり解らない。」


初めからそれは承知の上。
なにせ、京都大学で行われた講義です。

でもまあ、天下の京大の授業というものがどんなものか、
直に触れてみるのも良い経験。


息子も、初めは二の足を踏んでいましたが、
受講通知が来てから意識が変わったようでした。

「京都大学」と書かれた葉書に、心動かされたのでしょう。
ふっふっふっ。お前のミーハーさは、母が一番知っている!!


一日目が終わって帰ってきて、文句たらたら言うのかと思いきや…。

「面白かったわ!京大医学部の、三年生の授業なんやて。」
「高校生も殆どいなくて、社会人ばっかりやったわ。」

立て続けに報告です。
やや、興奮気味。

おまけに二日目はなんと、近くに住む友人を呼び出して、
「二人で受講した。」のだとか。


「二人でフケる。」のが、普通だと思うのですが…。


定員一杯だったのに、飛び入りの中学生を、
受け入れてくれた京大の、懐の大きさも感じましたが…。

急に誘われて、そんな授業を一緒に受けに行く友人にもびっくりしました。
やっぱり、変わってる~!!


でも、何にでもCHALLENGE!!
息子のそういうところ、久々に見た気がしました。


現実はまだまだ厳しいけど、CHANGE!!
気持ちを切り替えて、頑張れ、息子!!


その前に、とりあえず、英語の家庭教師を探さなくては…。


ああそれには、CHARGE!!
また、経費がかさむなあ~…。


まあ、金運があるから、
YES,WE CAN!!





      





歌会始☆

Posted by とる☆ねこ on 07.2009 替え歌 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

明けましておめでとうございます。
本年も、宜しく遊んで下さい。

お正月と言えば「歌会始」。
今年のお題は、「生」とか。

どんな素晴らしいお歌が詠まれるのでしょうか。

私も、新春を寿ぎ、
「生」の一字を入れた秘蔵の歌を、皆様に披露したいと存じます。

でも、「歌」は「歌」でも、庶民の私は演歌にしました。
それも、石川さゆりさんの「天城越え」の替え歌です。


「五十路越え」。


隠しきれない 加齢臭 
いつしか身体に 染みついた
誰かに嗅がれる 位なら 
いっそ全身 ファブリーズ

脈乱れ 息切れて 
冷えのぼせ 滝の汗
垂れ下がり ずれ落ちる 胸の向こうに
あなた… 腹が見える

「生」理無くても もう良いの 
ドキドキ動悸 更年期

あなたと 越えたい 五十路越え~


口を開けば 愚痴が出る 
下がったまんまの 骨密度
増えていくのは 物忘れ 
ババシャツ重ねて なお寒い

白髪染め 月一度 
シミを焼き イボを取る
尽くしても 尽くしても 躯ボロボロ
あなた… ○が漏れる

訳もないのに 泣けてくる 
ウツウツ鬱病 更年期

あなたと 越えたい 五十路越え~


薄着して 若作り 
風邪こじれ 一月寝込む
むくんでも むくんでも 躯うらはら
あなた… シワが残る

戻れなくても もう良いの
クラクラめまい 更年期

あなたと 越えたい 五十路越え~



アラウンドフィフティーの、切実な「生」を歌い上げてみました。

また品性を疑われるといけないので、一カ所だけ○にしました。
お好きな文字を入れて歌ってくださいね。


初笑い、していただけました?
今年も、笑って過ごしましょうね!!



 

  

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。