スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

只今アクセスが☆

Posted by とる☆ねこ on 30.2008 夫婦の話 14 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

近頃、父子の関係が微妙です。
どちらかというと、亭主が直ぐにムキになって怒り出します。

昨日も、美術の提出物を作らなければいけないとかで、
リビングのパソコンを使って、プリントアウトしたい物がある、と息子。
インクの色が一部切れている事もあって、亭主に協力を求めました。

インクの入れ方や、操作方法の教え方も、まるでけんか腰の亭主。
それでもなんとか二人で共同作業をしていたので、
私はこれ幸いと、自室にこもりました。

程なくリビングから大きな言い争う声が!!
何事?と思って慌てて行ってみると、案の定父子で揉めています。
二人言い合いしていますが、少しも話が通じ合ってていません。

「ちょっと待って!」(プレイバック♪)私が通訳を買って出ました。

息子曰く「お父さんが、いきなり後ろからどついてきた!ひどいわ!」
     「いくら美術の宿題やって言っても、わかってくれへんねん!」

亭主曰く「宿題と言いながら、ポケモンのサイト見てたんや!」
     「何が、美術やねん、そんな宿題有るわけないやろ!」

ああ、そのことね。美術の宿題で、好きな絵を切り貼りするというのがあって、
その素材に息子がポケモンを選んだ事を亭主に説明しました。

「そんなポケモンなんか、選んでいいんか?!」と鼻息荒い亭主に、
「まあね、自由な学校だから、別に良いんじゃない?」と、私。
「でも、ポケモンはないやろ、ポケモンは!」ひつこく亭主。

「ほんまは、深夜アニメにしようかと思ったけど、やめといたんや!」と息子。
また険悪になる二人の間に立ち、
「もう、良いやんか!それより早く仕上げて、勉強しなさい!!」と、一喝。

夕食時も一波乱合って、せっかくの焼き肉が台無しになってしまいました。

原因は、だいたい解っているのです。
私が仕事をしていた頃は、夫婦対子供に別れていました。
会話も仕事の話になりがちで、そんな時息子は蚊帳の外でした。

でも今、私が英語を教えていることもあって、ついつい母子対父に。
食後は息子の部屋で家庭教師タイムがあります。
とどめは、北海道旅行かも知れません。

機嫌の悪い亭主に引き替え、息子は近頃反抗期もおさまっています。

3人家族というのは、この辺が難しいのかも知れません。
どうしても、2:1に別れてしまいます。

でもまあ、私もいつまでも息子にくっついている気はさらさら無くて、
早くレベルアップしてもらって、仕事復帰を果たしたいと思っているのです。
息子自身も一日も早く私の介入から逃れたがっているようですから。

でも、夏休みの間には、世界史や日本史の底上げ、英検の勉強も…。
私も今のところ、手一杯の状況です。

亭主には、しばらくの間こんな風に言っておかなくてはなりません。
「只今アクセスが集中しています。もう暫くお待ち下さい。」







スポンサーサイト

夏の旅行☆

Posted by とる☆ねこ on 28.2008 旅行の話 12 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

皆さんは夏の旅行はもうお決まりでしょうか?
毎年この時期になると、あれやこれやと計画を練るのが恒例なのですが。

今年は、子猫もいるし、仕事も増えたし、勉強もあるし。
「どこか行きたいところ、ある?」と息子に聞いても、
「別に。もうどっちでも良いよ」との素っ気ない返事。

今年の夏はもう、止めようかな、旅行。暑いし、人多いし。
そんな風に、半分考えていたのですが…。

来年の夏は息子、学校から海外へ行くのです。
再来年の夏は息子、きっともう塾へ入っている事でしょう。
その後は受験前の夏休みで、大学に入ったらもう親とは完全に別行動。

と言うことは、夏の旅行は、今年が最後?

そうなると、やっぱり行っておいた方が良いような気がしてきました。
でも、肝心の行き先が決まりません。
そして、昨日、やっと思いつきました。「そうだ、北海道の旭山動物園!!」

息子は水族館フェチで、南はちゅら海水族館、
日本の最北は、登別のマリンパークニクスに行っています。

でも、「旭山動物園」は行っていない!
息子も、にやりとしながら、「そやな!!」
日本のペンギンを語るのに、旭山は欠かせません。

早速旅行会社のホームページを見て、
レンタカー付きの北海道旅行を探しまくりました。

北海道は息子が4年生の時に行きましたが、
その時は、道南を中心にした旅行でした。
間欠泉に驚いたり、五稜郭に登ったり。
「函館ラサール」の門の横で、もしかしたらお世話になるかも…。
そう言って、記念写真も撮ってきました。

今回は、道央中心の旅行です。
「旭山以外に、知床とか行ってみる?」そう息子に聞きましたが、
「いや、旭山だけで良い。帰ってきて、友達と遊ぶ!」

はいはい、北海道まで行って、旭川と、札幌だけね。
旭山動物園に行って、ジンギスカンを食べて帰ってくるのよね。
2泊3日で自由行動の出来るパックが見つかり、即予約を入れました。

2泊3日も家を空けて、子猫は大丈夫なのか?そう思った優しいあなた。
ご安心下さい、旅行は息子と私の二人。
亭主は、仕事と子猫の世話で大阪に残ります。

2泊3日も家を空けて、亭主は大丈夫なのか?そう思った優しいあなた。
ご安心下さい、亭主は留守番には馴れています。
それでも心配して下さる方は、ブログにコメントでも入れてやって下さい。

あ、そうだ、北大の門の横で記念撮影してこよう。
もしかして、お世話になるかも?!





友情物語☆

Posted by とる☆ねこ on 27.2008 息子の話 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

らくださんのブログを見ていて、数年前の、
息子とその親友の会話を思い出してしまいました。

小学校6年生の、秋頃だったと思います。
息子と親友A君は、同じ小学校、同じ塾、塾でのクラスもたいてい同じ。
(うちの息子だけが、時々ずり落ちたりしていましたが)

そして、目指す第一志望校も同じでした。

毎朝二人は仲良く、待ち合わせをして、小学校に通っていました。
ライバルと言うよりも、同じ志を持つ「同志」のようでした。

天王山の夏期講習も終わり、いよいよ志望校への意識が高まってきた頃。

その朝はたまたま、私がPTAのお当番で、
二人の後ろを、少し遅れて学校まで歩いていました。

二人は亀のようにゆっくリズム。
楽しげに、ずっとおしゃべりしています。
ほほえましい二人の会話を盗み聞きしながら、丁度半分くらい来たところ。

急に息子が真顔になって、ぽつりと言いました。
「おれ、ほんまに○○中学、行けるんやろうか。」

親友も一瞬歩みが止まって、息子を見ました。
「何言ってるんや、行けるよ、きっと!」
親友も、真顔になって、息子の顔を見つめて言いました。

この親友のA君、普段は凄く照れ屋さんで、
何事も軽妙なジョークでかわし、なかなか本音を言わないタイプ。
そのA君が、マジでそう言ってくれたのです。

私は嬉しくて、後ろで一人泣きそうになっていました。

いたいけな少年二人で、励まし合い、助け合いながら、
同じ目標に向かって、切磋琢磨していく…。
なんて、なんて素晴らしい友情!!

ところが、次の息子の一言で、感動は吹っ飛びました。

「いや、合格はするやろうけど、通う時、朝起きれるかな~と思って。」

次の瞬間、A君はさっさと前を向いて、歩いて行ってしまいました。
吹き出したい気持ちを抑えて、私も黙って後を追いました。

なーんにも気づいていない息子だけが、
「おい、どう思う~?!」とか、食い下がるようにA君に話しかけていました。

今も毎朝、二人は待ち合わせをして、同じ学校に通っています。
お互いに他に友達もたくさん出来て、学校では一緒にいることも少ないようですが、
朝だけは相変わらず…。

つくづく、息子は友達に恵まれているな~と、思うとる☆ねこでした。




アホになる日☆

Posted by とる☆ねこ on 26.2008 私の話 6 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

息子の家庭教師をする日は、「正気になる」とる☆ねこです。
でも、今日は、家庭教師が、無い!!

我が家は世界のナベアツ方式で、
家庭教師しないで良い日私は、「アホになります。」

だから、きょうは「アホになる」日です!

嗚呼、なんてお気楽!!なんてハッピー!!
今夜は飲むぞーーー!!って、毎晩飲んではいるんですけど。

でも、息子と英語やる日は、いくら何でも酔えなくて…
いえ、いくら飲んでも酔えなくて…(?)
一応、記憶だけは残すようにしています…って、どんだけ飲むねん!!

息子は明日の日本史の発表で必死です。
なんでも、調べるべき内容が違っていたとか。
息子も今日は「ムキになって」調べています。

ついでだから、「犬になって」調べればいいのに。

私はこれから、アホになりついでに、ニコでも行って、
思い切り遊んでこようと思っています。

そうそう、人間て、学習するのですね。
今まであれほどいやがっていた経理の仕事が、
とても楽に思えたんです、今日。

今の英語に比べれば、百倍楽です。

人間はこうやって進歩してきたんでしょうか?

あ、それから、「関係代名詞」がさっぱりわかってないことに気づきました。
私が、です。この夏の私の課題です。ぐーえーっ!

さてそろそろ行ってきマース!!





第六感☆

Posted by とる☆ねこ on 25.2008 息子の話 11 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

昨日、息子は「深海魚脱出大作戦」を開始してから、
初めて、英語の小テストで追試を食らってしまいました。

ちょっとばかりショックだったようで、
「最近結構やってるのになー、俺」とかつぶやいていました。

小テストを見てみると、単語が書けていなくて、
長文読解はかなり出来ています。
惜しいことに、後一問正解していれば、追試は免れたようです。

まあ、単語より長文読解に力を入れてきたせいもあるので、
仕方のない結果だと判断しましたが、息子には言いませんよ、もちろん。

「うーん、単語ちょっと出来なさすぎやね。完全に努力不足。
はい、次回は頑張りましょー!!次回から追試一回500円だからね!」

風呂掃除一回100円で生計を立てている息子に向かって、
どの教科も追試受けたら、一回500円没収という鬼親ぶりです。

でも、息子も意地になっていて、
「解ってるわ!!次から絶対とらへんわ!!」そう言い放ちました。
よしよし、良い根性!!そうこなくっちゃ!!

早速単語入力に取りかかっていました。
よしよし、その調子!!ええ感じ!!

夕食後、「今日の長文の問題、ちゃんとしなさいよ!」と私。

実は今日の長文は、めちゃめちゃ難しくて、
私は昼間、悪戦苦闘のすえ訳して解いて、それでも?な問題でした。

まず一問目は、英文が4つ出てきて、
「本文の内容と一致するものを、1つ選びなさい。」というもの。
これも結構ややこしくて、時間がかかってしまいました。

次の問題は、もっと最悪でした。

「下線部①と同じ意味、用法のthoseを含む文章を、下から一つ選びなさい。」
私のもっとも苦手とする問題です!
同様の問題が、take、thatと続いて出てきました。

「私は、大学受験が嫌で、エスカレーター式の学校を選んだ人間よ!」
「どうせ、私は馬鹿なのよっ!!こんな問題、できるかー!!」

と、一人わめきちらしつつ…。
途中で投げ出したくなる気持ちを、必死でこらえてなんとか仕上げたのです。

その難問を、30分ほどで息子、「出来たでー!」
「え?うそやん、なんで?」わたしが3時間かけても自信がなかった問題を、
たった30分で仕上げてしまうとは、一体どうなってるの?!

問題をみると、確かに出来ています。
解答も、私が下した判断と殆ど違いません。

「なんでそんなにはやく出来たん?」と、狐につままれたような私に、
しれっと息子が答えました。

「感や!」

「まず、一問目は、ざっと見渡して…、何となく(ウ)やろ、
次は…わからん時は(イ)を選ぶ、で、(イ)。次もそれで(イ)で…。」と息子。

最後の2問に関しては、訳と書き出しだったのですが、
「え?これで合ってんの?俺ってすげー!!」

なんかもう、超脱力ー!!

確かに英文読解には感も必要です。だから否定はしませんでしたが、
一応、「わからん時は(イ)を選ぶ」方式でやったところだけは、
もう一度やり直させて、きっちり理解させました。

部屋から出てきて、そのことを亭主に話すと…。
「お前ら、そっくりやな!!」と、大笑い。

確かに。あの感の良さは、私譲りです。
でも、感だけで生きていくと、将来痛い目に遭うぞー、お母さんみたいに!!


持つべきものは☆

Posted by とる☆ねこ on 24.2008 友達の話 9 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

先週、親友のA子から電話がありました。

頭痛や、めまい、倦怠感など体調不良が続き、起きあがるのもつらい、と。
彼女は自分で「更年期」だと勝手に判断し、
婦人科へ行ってホルモン剤を投与してもらっているが、一向に改善しない、と。

彼女の訴えを聞いているうちに、ふん、ふん、これはもしかして…
病気のデパート、とる☆ねこには、何となくその原因が解ってきました。

まずは、早急に人間ドックに入って、全身を調べてもらって、
そこでどこも異常が見られなければ、その症状は「鬱」ではないか、と言いました。
そして、以前私が「鬱」になった時経験した症状と、
今彼女に起こっている症状が如何に似ているかを説明しました。

「でも、どうして今頃鬱なんかに…」そういぶかる彼女に…
一年前に彼女の愛犬が亡くなり、彼女が大きな喪失感を味わったこと。
それから、それを埋めるかのように今日まで仕事に打ち込んできたこと。
最後に我々がやはり更年期という、もっともバランスを崩しやすい年代にあること。
…等をあげて、人間ドックの次に神経内科を受診することを勧めました。

それから、こうも付け加えました。

治療するには「体や神経を休めること」が不可欠で、
仕事を休むことに罪悪感を感じてずるずると仕事を続けて、
病気を長引かせるのではなく、思い切って休みを取って、
一日も早く根本治療に専念すること。

彼女は、とある会社の、一応(笑)副社長。
責任感の強い彼女が、部下の手前なかなか休みを取れなかったのも、
症状を悪化させた原因で有るのは、明白でした。

約一時間に渡る電話カウンセリングは終了し、
最後にあくまでも私の素人判断であるから、
一刻も早く、プロのお医者さんにかかるように言って電話を切りました。

それから数日後、再び彼女から電話があり、
早速心療内科に行ったら、「鬱」だと診断されたこと、
また、人間ドックにも予約を入れたとの報告が有りました。

「ありがとうね、アンタに言われてなかったら、まだ私は悶々としてたわ。
薬ももらって、少しだけ気持ちが楽になったわ。
やっぱり持つべきものは、友達やねえ!」そう言って彼女は電話を切りました。

実は…。私は彼女の言うことを聞いて、正解だった試しがなく、
つい2ヶ月前も、無理矢理買わされたお高い日焼け止めのお陰で、
キョーレツに日焼けして、皮膚炎を起こし、通院する羽目に陥っていました。

その事をA子に伝えた時の彼女の第一声が、
「うそ、私ももう使うの止めよ!ありがとう、教えてくれて!」
オイ、違うやろ、そのリアクション!!

彼女の電話の後にとる☆ねこは心に誓いました。

彼女の「鬱が」治ったら、思い切り言ってやろう!
「持つべきものは、知恵ある友や!!皮膚科の治療費出せ~!!」と。

彼女の回復を心待ちにしているとる☆ねこです。





シュール☆

Posted by とる☆ねこ on 22.2008 息子の話 6 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

今日、息子は算数オリンピックの「広中杯」。
ファイナルに残れるのは全国でたったの30人という狭き門です。
期待はしていませんが、心の中で応援だけはしています。

でも、何よりも心配だったのが、無事に会場にたどり着くかどうか。

息子は、しょっちゅう道に迷います。
方向感覚は有るようなのですが、地下に潜ると、さっぱり。
まるで、コドモ、いや、ドコモ。電波が届かなくなるようです。

試験開始の時刻になっても電話が無かったと言うことは、
無事にたどり着いたようです。

ところが先ほど電話が鳴りました。

「地下鉄、反対方向に乗ってしもた~!!」
嗚呼、やっぱり今回も。
とりあえず、終わってからで良かった!

今日は、またもやPCの接続不良で、
超長いブログを消してしまいました。

うう、脱力感。

その内容を再度打つ気力も時間も残っていないので、
また後日トライすることに致します。

たった今、息子が帰ってきました。

友達と答え合わせをして、ガーン!だったそうです。
まあ、久しぶりに頭をフル回転出来ただけでも、良しとしましょう。

息子が後ろから、「何打ってんの?」と聞いてきました。
「あんたのこと」と、私。

「うちにいたら、ブログネタには困らんやろ。」と息子。
「なんで?」と私。

「だって、こんなにシュールな人間ばっかりの家はそう無いからな。」と息子。

はい、確かに。

「普通の理屈では説明できない」人間ばかりですよ、我が家は。
でも、その筆頭は…

おまえだ~~~!!




家庭教師☆

Posted by とる☆ねこ on 20.2008 我が家の勉強法 6 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

息子の英語の家庭教師を初めて早、20日。
見ていくうちに、段々と深みにはまって…(笑)
毎日、英語漬けの日々を送っております。

今週は、仕事も殆どさぼって、英文読解に明け暮れています。
本当に、半端の出来ないとる☆ねこです。sigh…

息子は、教科書以外に週に4枚の「長文プリント」をもらってきます。
B4サイズで、左はびっしり英文、右はびっしり単語。
その読解と単語の小テストが、週初めに行われます。

内容は、「コンゴの自然保護について」だとか、
「いるかや鯨の能力について」とか。
昨日なんかは、「ナポレオンの逸話」でした。

簡単な文章も有りますが、結構難しい言い回しも多く出てきて。
エキサイト和訳なんかでは太刀打ちできない文章だらけです。

今の英語力の息子に、毎日その文章の全文を和訳させていたら、
とてもじゃないけど時間も無いし、第一やる気が一気に消滅!!
再び、英語に見向きもしなくなるでしょう。

それに、学校の先生も、さらっと流す程度で良いとされているようで、
期末試験での配分も、少な目になっています。

英単語だけはキーボード入力で覚える様になったので、
英文の方は、私が訳して、息子と読み合わせだけすることにしました。
息子が英文を読みあげ、後から私が和訳を読み上げる、と言う形です。

とりあえずは、英文に慣れさせて、息子の「やる気」を起こすために、
家庭教師になったのですから…。
細々五月蠅く言って、拒絶反応を起こさせては、意味がありません。

ちょっと、甘やかし過ぎかな、とも考えましたが、
「やる気」を起こさせることを優先しました。

13話程あるその文章を片っ端から和訳して行って、
その文の中で間違いやすそうな部分や、
他の英文にも良く出てくる言い回し、
not only ~but also、the more~the more等のポイントをチェック。

it、that、whatが、どこに掛かっているか。
また、文章の切れ目を見つけることも、訳す重要なポイントです。
そう言う細かいところまで全部押さえて、口頭で伝えることにしました。

おまけに息子は、「超いらち」(大阪弁で気が短いこと)
少しでもこちらがもたついて訳そうものなら、
「ああ、もう、うざったるい!!」と、横を向くに決まっています。
それから、解っていることを念押ししても駄目。

超ハイスピードで進めていかなければ、息子の興味をそそれないのです!
だから、文章を覚えてしまうほど、予習しました。

私が!

昨夜いよいよ、一話目に初トライしました。
「子供の睡眠とホルモンについて」の文章です。
英文を読み始める息子。発音が間違っていたら、すかさず訂正を入れます。

and 15% said they had fallen aspleep at school のくだりでは、
「おれ、この15%やし」とか、いちいちリアクションを入れています。
と言うことは、この程度までは理解しているようです。

途中から、黙々と英文だけを読み始めました。
この辺が、いまいち解ってない、と言うことが一目瞭然。

読み終わって案の定、「前半は、訳さんで良いから」と息子。
「解ってるわよ!!」と言いながら、ポイントだけは無理矢理念押し。

後半から「はい、この次の文章は、自分で訳して」と、所々息子に振ります。
案の定、あやふやです。前後の文と繋がっていません。
「これは、少し疲れることだけが問題なのか?と訳すのよ。
そうしたら、後の文章が繋がっていくでしょう?」

「なるほどね!」(やったー!!今日も勝った!!)

その後も、これは後ろから訳す、とか、少しアドバイスを付け加えて、
あっという間に、「読み合わせ」終了です。
その後、教科書の方を、息子が読んで訳すのを聞きき、家庭教師終了です。

何時間も用意して、あっという間に終了。
親って、馬鹿みたいですねー。

でも、少しだけ、嬉しい変化が。
他教科の小テストも点数アップしている様子。
それに、回りの友人にも、「近頃がんばってんなー!」と言われたとか。

何とかこの調子で、エンジンが掛かってくれれば…。
というか、エンジンが掛かってくれなければ、
もう私のアタマがオーバーヒート起こして、爆発しそうです!!

はー、さて、今夜の予習を始めますか…









貨幣価値☆

Posted by とる☆ねこ on 18.2008 私の話 6 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

「家庭画報」という雑誌をご存じでしょうか。
分厚い、大きな、重ーい雑誌です。

毎月一回、お薬をもらいに行くのですが、
その薬局に必ず置いてあるので、目を通しています。

季節ごとの美しい写真に彩られ、
グルメあり、ファッションあり、歳時記ありと…
とても見応えのある雑誌なのですが。

載っているお洋服や宝石の値段が、半端じゃない!!

ドレスが60万円、ネックレスが1500万円。
1500万なら、ネックレスより、車買うわ!

また、シャネルのネックレスなんぞ、5000万円!
うちの家の建築費とそう変わりません。

いつぞやは、Gジャンが載っていて、なんと40万円。
着る物に執着がない私が、唯一「欲しいなー」と思った一着でしたが。

Gジャンに、40万は、フツー出せないでしょー?!
第一、汚すのが怖くて、着ていけないし!!

昔から、結構お上品な雑誌でしたが、
ここまで手の届かない世界とは感じなかった様な記憶があります。

と言うことは、やはり日本は2極化しているのか?
そして私は…。雑誌の世界とは反対の世界にいるのか?

でも、回りの金持ちを見回しても、Gジャンに40万、
ネックレスに5000万出す輩は見あたりません。
でもそれは、関西だから?東京のお金持ちはどうなんだろう?

様々な思いを抱きつつ、いつも雑誌を閉じるのですが…。
読み終わって暫くは、貨幣価値に支障をきたします。

「え?1万円のTシャツ?めっちゃ安いやん!!」

でも財布を開けると現実に目覚めて、
貨幣価値は脆くも元に戻ります。

桁が一つ下がります。

息子は今も、風呂掃除一回100円と、
ノート一枚50円で生計を建てています。

こんな雑誌は見せられないなー。
11年間毎日風呂掃除して、やっとGジャン一着。
その消費税払うだけで、もう一年かかります。

いや、かえって見せた方が良いのかも?

息子よ、将来は嫁にこんなドレスや宝石を買ってやれるように、
頑張って、勉強しろよ~!!


ネッ中症☆

Posted by とる☆ねこ on 17.2008 家の話 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

リビングのパソコンがネット接続できなくなりました。
私のノートは、今息子が英語入力に使っているので、
私はブログを覗くことすら、英語の勉強すら出来ず。

友人に泣きついて見てもらうと、なんとかすぐに直ったものの、
色々と設定を変えて行って、深みにはまり、
今度はノートとの接続がうまくいかなくなって!

結果的に我が家のパソコンはまた一台だけになってしまいました(泣)。

はあー、ため息。私に全部しわ寄せが来るやん!!
しあわせ、はいいけど、しわよせ、はいやよ!

そうでなくても、近頃息子が勉強にパソコンを使うようになり、
私が部屋を追い出されている状態が続いていました。

私の部屋は、やっと出来た思ったら、姫のトイレとなり、
それが解消されて今度こそはと思ったら、息子に占領されて。
もういい加減頭に来ているところでした。
そこに持ってきて、この度のアクシデント!!

「もう一台、買って!!」と、宣言!
私の一言は、我が家では「勅旨」です。
近々一台パソコンが増えることになりました。

買い物好きな亭主は、買うとなったら行動が早い!
問題は買った後です。いつ、買ったパソコンを設定してくれるのか。

でもそれより先に、ノートなんとか繋げてもらわなくては!
前の仕事、何だったのよ、亭主!!
早く何とか繋げてよ!!

苛つく私に、息子が一言、
「おかん、完全な、ネッチュウショウやな?」
「何?熱中症?」
「違う、ネット中毒症、略して「ネッ中症」や!!」

やかましい!
「神格化」しているお前にだけは言われたくないよ、ヲタク君!






脳育☆

Posted by とる☆ねこ on 15.2008 我が家の勉強法 4 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

久々に自分の部屋からの更新です。
やっぱり、一番落ち着きます。
今から一時間、自分だけの世界です。

昨夜の、息子のバトンのお陰で、訪問者リストに若い世代が!
せっかく訪ねてもらって、こんなおばさんでごめんなさい!

昔、フルフェイスのメットをかぶって、バイクに乗ってたら、
半分以下ぐらいの歳の男の子達に、良く声を掛けられたのを思い出しました。
思わずメットをはずして、「ばあーっ!!」(婆ー?)と言いたかった!!
君たちが声を掛けたのは、君たちのお母さん以上の「おばさん」なんだよって。

まあ、今では自転車でも転けるので(酔っぱらっていたらですが)、
バイクになんて乗れませんし、そのうち手押し車になりそうですが…。

今日は先日の「コミュニケーション能力」の続きです。
とる☆ねこは、子育てにおいて、次に大切な物を、「脳育」だと、考えました。

当時、「ニキーチンの知育遊び」とか、「チャイクロ」とか、シナプスとか。
現在の「脳トレ」ブームの走りだったのではないでしょうか。
そういった、「脳育」にひたすらはまりました。

もちろん「脳」に関する本を片っ端から読み、
どうしたら、「脳」を活性化できるかを考えました。
だって、「脳」は、殆どの部分が使われていない!
なんてMOTTAINAI!その、残りの数パーセントを使えたら!

きっと「楽に勉強」出来るに違いない!そう考えたとる☆ねこでした。

3センチ画の木材を削り、色を塗り、積み木を作りました。
まだ赤ちゃんの息子に、「チャイクロ」を始め色々な本を読み聞かせました。
シナプスを作ることを意識し、肌で感じる刺激を与えました。

それは赤ちゃんの頃から、現在でも続いていることです。
「教育」と言うより、「脳育」につとめてきたと言っても過言ではありません。

また、「これは!」と思うことがあれば、全て取り入れてきました。

例えば、毎朝必ず簡単な計算をさせる。
これによって、脳が活性化し目覚めるそうです。
脳も筋肉と同じで、一日でも休むと、取り戻すのに何日か掛かるとか。
旅行に行っても、一日一枚の計算は持っていくようにしました。

それから、暗記科目は寝る直前に。
覚えてから直ぐに寝ると、定着率が見事に違うそうです。

「脳」の構造に従った教育法をしてきたつもりです。

だから、嫌がる時はなるべく無理強いを避け、
「嫌な時は何をしても仕方がない!」と割り切っていました。
また、ONとOFFの使い分けをきっちり付けてきたのも、
「脳」の働きを考えた上でのことです。

そして一番大事なことは、それらを継続させること。
直ぐに効果が出ないと行って、諦めないこと。

「親が諦めたら子は終わり」それが我が家の座右の銘です。
辛抱強く続けることで、今は無理でも、いつかきっと花咲く時が来る、と。
この14年間、信じて続けてきました。

まあ、この2年間は別として。
自主性がもっと育つと思っていたら、まだ早かったようです。
反省して改善するのが早いのも、とる☆ねこの特徴です。

中学受験でも、勉強は塾に任せて、
どうすれば効率よく「脳」を利用していけるかばかり考えていました。

塾から帰ったら、OFFタイム。宿題が出来ていなくても。
後はお風呂に入って、のんびりと過ごすように。
6年生でも8時間睡眠を守っていました。
これも、「脳」の働きと、成長を考えた上のこと。

また、ケアレスミスを無くすため、「右脳開発のトレーニング」も、毎朝。
たった5分くらいのことでしたが、必ずつづけました。

記憶分野はそのうち、パソコンにさせる時代が来るでしょう。
でも、思考力だけは何とか育てていかないと、次に進めなくなってします。

皆さんもきっとそんなこと位してきたかもしれませんが、
食べ物も、生活も、全て「脳」を中心に考えて来ました。

今日は、もう頭が、英語で洗脳されて、
これ以上書くことが出来ないようです。
とりあえず、本日はこれにて退散!

お休みなさい!!



ヲタク度偏差値・息子編☆

Posted by とる☆ねこ on 13.2008 息子の話 4 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

息子が面白そうなバトンを見つけてしまいました。
今日はネタがないので、とりあえず…。

息子のヲタク度偏差値を公開します!

「嘘はだめです素直に答えてください。
出来れば最後に一つだけ追加してください
回す人も指定してください。」(ごめんなさい、出来ません)

「以下の作品について、1(知らない)、2(名前だけなら聞いたことがある)、3(キャラの名前とかは分かる)、4(ほぼストーリーが分かる)、5(何でも質問こい)の5段階で評価してください」

「・涼宮ハルヒの憂鬱…5
・灼眼のシャナ…5
・らき☆すた…5
・ひぐらしのなく頃に…3
・新世紀エヴァンゲリオン…2
・ネギま!…4
・ガンスリンガーガール…2
・創聖のアクエリオン…2
・ぱにぽに…2
・さよなら絶望先生…4
・みなみけ…5
・スパイラル…1
・シゴフミ…3
・地獄少女…3
・狼と香辛料…5
・CLANNAD…4
・コードギアス…2
・瀬戸の花嫁…5
・ゼロの使い魔…5
・天元突破グレンラガン…2
・ハヤテのごとく!…5
・魔法少女リリカルなのは…5
・ef…2
・エウレカセブン…2
・こどものじかん…4
・true tears…2
・ペルソナ…2
・マリア様がみてる…2
・ローゼンメイデン…5
・BLACK LAGOON…1
・電脳コイル…2
・ぼくらの…2
・ご愁傷さま二ノ宮くん…4
・ひだまりスケッチ…2
・マイネリーベ…1
・家庭教師ヒットマンREBORN!…2
・School Days…2
・ARIA…4
・シスタープリンセス…2」
・D・C・Ⅱ…5

私にはさっぱり解りません。
これって、危機的状況なんでしょうか?



能力☆

Posted by とる☆ねこ on 12.2008 我が家の勉強法 8 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

近頃、色々な方のブログを拝見したり、
また、秋葉原の事件の犯人の書き込みを読んだりして、
「我が家の子育て」を、振り返って考えています。

うちは、どんな風に、子育てしてきただろうって。

まず始めにしたことは。
人とのコミュニケーション能力を育てる事でした。

どんなに素晴らしい力を持っていても、
人とのコミュニケーションが出来なければ、その力は無に等しい。
人間社会の中で生かせてこそ、その力は有効になるのだと。
私は信じて疑いませんでした。

だから息子には、赤ちゃんの頃から、
本当に多くの人と関わりを、触れ合いを持たせてきました。
老若男女、大人、子供etc…。

幼稚園に行くようになったら、毎日大勢友人を誘って遊びました。
気の合う友達、気の合わない友達、
友達のお兄ちゃん、お姉ちゃん、妹、弟。

楽しい事ばかりではありません。
喧嘩したり、凹られたり、いじめられたり、いじめたり。

でも、なるべく多くの子供と遊ばせて、
なるべく多くの「個性」を学んで欲しかったのです。
世の中、100人の人間がいたら、100の考え方があることを、
頭ではなく、肌で感じて欲しかったのです。

公園に行くのも、旅行に行くのも。うちはいっつも大所帯。
だから車も、3人家族なのに7人乗り。
うちの車は、いっつも子供てんこ盛りでした!

息子ももちろん、自発的に友人の輪を作っていきました。
転入生に一番先に声を掛けるのは、息子。
「だって、僕から誘ってあげなきゃ。」

それは、小学校に入って更に広がりました。
幼稚園時代に培った「友人脈」のお陰で、息子は通っている小学校だけでなく、
私学も含めた色々な学校に友達がいて、大きな大きな友達の輪になりました。
塾でも、それは同じ様に広がりました。

現在の息子は、クラス、クラブ、成績、学校、年齢…。
そんな垣根を越えた友人が多くいます。

息子は受け身ではなく、いつも能動的なのです。
そして、拒絶されても、へこたれることなく向かっていきます。
そんな彼のコミュニケーション能力は、きっとこの先彼を助けるはず。
そう信じているのですが、果たしてこの先はどうでしょう。

コミュニケーションと平行して次に我が家がしたこと。
それはまたのお楽しみです。

え?別に楽しみじゃないって?
うーん、でもブログネタが切れたら、続きをやりま~す!!






同じ境遇?☆

Posted by とる☆ねこ on 10.2008 息子の話 12 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

私の仕事の一つに、会社の「経理」があります。
今の仕事に携わってから20年近くになりますので、
その間、ずっと続けてきた事になります。

それが、「大嫌い」なんです。経理の仕事。
毎月、毎月、ちまちまと!!

領収書とにらめっこしながら、
「えー、これは何費だ?」
「この振り分けは?」

めんどくさいったら、ありゃしません。

忙しいと、2ヶ月分溜まったりします。
すると、尚更やる気がわいてきません。

そして今回は、な、なんと!!
3ヶ月分、貯めてしまったのです!!

オーマイガッ!!

「経理なんて大嫌いだ~~~!!」

あれ?これは昨日何処かで聞いたようなセリフ…。
そう言えば昨夜息子の部屋から聞こえてきたような。

「英語なんて大嫌いだ~~~!!」

「大嫌い」だ。英語の勉強。
毎日、毎日、ちまちまと!!

辞書とにらめっこしながら、
「えー、これは何と読むんだ?」
「この意味は?」

めんどくさいったら、ありゃしない。

ふと気がつくと、1年分溜まったりするし。
すると、尚更やる気がわいてこない。

そして今回は、な、なんと!!
3年分、貯めてしまったのだ!!

オーマイガッ!!

息子よ、気持ちは本当によくわかる。
痛いほどによくわかる。

だが、人生は甘くない。
避けて通れないことも有るんだよ。
逃げずに、立ち向かうんだ!

きっといつか、英語を好きになる!
その日まで、頑張るんだ!!

(お母さんはきっといつか、お父さんに押しつける!)
(その日までは、頑張るよ!!)







ウダムさんへ☆

Posted by とる☆ねこ on 09.2008 友達の話 5 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

数週間前から、右手首の関節にガングリオンが出来、
悪化しないように、気を付けてきましたが、
今日は、キーボード打つことさえ痛くなってしまいました。

これは持病で、もう何度も再発しています。
手術までしましたが、懲りずに出てきます。
亭主と、猫と、息子以外に、懲りない奴がまたひとつ。

でも、今日は、ワンフィンガーでも、伝えたいことがあります。

ブログにも、人格が必要だと思うのです。

私のブログにリンクしてくださっている、ウダムさんのブログが、
人格のないブログのために、傷つけられて、閉鎖してしまいました。

私は、短い期間でしたが、ウダムさんにどれ程力づけていただいた事でしょう。
それに引き替え、私はこのことについて、とても無力でした。

このことによって、私は人格のない恐ろしいブログが、
この世に有ることを思い知らされました。

同時進行で、私はあるブログに、ご迷惑を掛けてしまいました。
悪意は全くなかったのですが、私の思慮の浅さから、
結果的に、かなりなお手間をお掛けすることになってしまいました。

でも、そのブログの主の方は、心優しく対応してくださいました。
暖かい配慮をして下さいました。

もちろん、世の中は悪意に満ちた人間は山のようにいます。
トラックで人を引き、刺し殺す人間もいるくらいなのですから。
それと同じ数だけ、悪意に満ちたブログも存在するでしょう。

でも、世の中には、善意に満ちた人間もまた同じく山のようにいます。
それと同じ数だけ、善意に満ちたブログもあると思います。

ウダムさんの受けた心の傷ははかり知れません。
でも、善意あるブログにだけ目を向けて、
一日も早く復活してきて欲しいと、心から願っています。

無力な私が出来るのは、こんな事くらいです。

ウダムー、カムバック!!







坊ちゃん☆

Posted by とる☆ねこ on 08.2008 息子の話 12 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

マダム半世紀さんにご提案いただいた、
究極の人参作戦、「ノート一枚書いたら50円」。
実は、かなり効果が有ったことが解りました!

「授業のノートを取らない」息子が、なんと、
「授業のノートを取る」様になってきたのです!

文字は少々大きめでしたが、確かに「書いて」いるのです!!
本当に、ありがとうございました!!

なすがぱぱさんとウダムさんご提案の、英単語パソコン入力。
これも、効果抜群で、結構覚えているようです。

少なくとも、以前だったら、覚えようとすらしなかった英単語。
それも、先週はいつになく多くて、150個も出たのですが。
黙々とキーボードに向かっています。

昨夜、試しにテストをしてみましたが、
以前に比べて正解率がぐっと、うPしました。

これで夏休みにどらびさん紹介の「iknow!」を加えたら。
「深海魚」からの脱出も、夢ではありません!!

お礼に(?)、本日の息子の迷言を。

亭主が、息子に言いました。
「お母さんはな、昔お父さんと喧嘩した時、何度も車から、
飛び降りそうになってんで。」

「ええっ?!なんで?そんなんしたら危ないやん!」と、息子。
「後の事なんて、なんにも考えてないんや!」と亭主。
「五月蠅いなー、余計なこと言わないでいいやん!」と私。

そこで息子が、「お母さんて、まるで…

”親譲りの無鉄砲で、子供の頃から損ばかりしている”

…そのまんまやな」

「それや、それや、その通りや!」と亭主。

有名な出だしです。でも、題名がどうしても出てきませんでした。
「え、それ、何て言う題名やったっけ?三四郎?」と私。

息子が、一言。

「”嬢ちゃん”!!」






援軍☆

Posted by とる☆ねこ on 06.2008 息子の話 9 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

今日は姫の初シャンプー。
普段から狂暴で、別名を「タスマニアデビル」と呼ばれている姫。
どのように激しい抵抗を見せるかと、覚悟して洗いましたが。

所詮まだ4ヶ月の子猫。
猫洗い超ベテランの私にとっては、チョロいものでした。
びしょぬれになったその姿は、「こねこのぴっち」の表紙そのもの。

タオルで拭きつつお腹を見ると、え?!なんと下腹がぽっこり!
生後4ヶ月で、メタボって、どうよ?!

自分の餌をさっさと食べては、他の猫のお皿に侵略している姫。
おまけにもう2食にしないといけないのに、
まだ、お昼にミルクをねだります。

実は、ミルクをもらう時にだけ、姫は餌場に向かう途中で、
走りながら、くるり!と一回転するのです。
その姿がかわいくて、ついこちらもミルクを与えてしまっています。

「でかい猫」好きのとる☆ねこですが、いくら何でも今からメタボは…。
亭主は、「太っている方がかわいいから、ええやん!」
メタボが、メタボの肩を持って、言い張ります。

ドライヤーをあてて、ブラッシングしたら。
ふわふわの猫、一丁あがり!!
「なんてきれいな毛並み!!」と、親馬鹿炸裂。

これで大人しい性格なら、言うこと無しなんだけど…
そう思いつつ、手を思い切り噛まれながら、首輪を付けました。
やっぱり、こいつは根っからの「DEVIL」です。

続いて今日もまた息子ネタになりますが。

近頃の私のブログを見ていた友人が、
「英語、見たろか?」そう、言ってくれました。
彼は英語の超プロフェッショナル!!

高句麗タムドク軍くらいの強力な援軍が現れてくれました!!

基礎のおさらいくらいは出来ても、
その先をどうしようか考えていたとる☆ねこです。

これで数学と国語はGTT(グレートティーチャーT)が、
英語は彼が見てくれたら、もう怖いものなし!

実は、物理と化学のスペシャリストも、アテがあるのです。
私が泣きついたら、なんとか動いてくれるでしょう。

これなら、T大R3も、夢じゃない!!
(オイオイ、そこまで言うか?今のこの成績で)

でも、大船に乗った気でいるわ、タムドク軍!
期待してます、タムドク軍!
くれぐれも座礁しないでね、タムドク軍!

敵(息子)は、かなり手強い武将者、いえ、無精者でっせ!!


ラン・ラン・ルー☆

Posted by とる☆ねこ on 05.2008 息子の話 6 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

今日は、動画を二つ、息子と一緒に見ました。
一つは…スティーブ ジョブス氏の、スタンフォード大学・卒業式のスピーチ。
勿論、字幕付きで見たのですが。

「点が繋がって道になることを信じろ」
「好きなことを見つけろ」
「常にハングリーであれ、馬鹿であれ」

自分の生涯を振り返っての、素晴らしいスピーチでした。

見終わって、「凄いな」と一言、息子。
少しは、刺激を受けたのか。彼の言葉が、心に届いたのか。

その直後、いきなり「寝てくるわ」と、息子。
「こら!好きなことが寝ることや、とかいうんじゃ無いでしょうね!」と、私。

「ばれたか!」と、息子。やっぱり。

二つ目は…ドナルド マクドナルド氏の、ラン・ラン・ルー!
勿論、息子の紹介で見たのですが。

「ドナルドは、うれしくなると、ついやっちゃうんだ!」
「みんなもいっしょにやってみよー。」
「いくよ、ラン・ラン・ルー!!」

学校で流行っているようです。ニコ動とかいう。
これも、心に響く物がありました。違う意味で。

大丈夫か、息子。

今日から、単語の練習に、パソコンを使うことにしました。
今週一週間に、息子が覚えなければいけない単語は約150個。
とりあえず、ロータスで入力して行ってます。

また、どらびさんに教えていただいたサイト、
いたく息子は気に入りまして、これなら出来そう、とのこと。
本当にありがとうございました。

息子話が続いています。
熱中すると、自分が無くなる。悪い癖です。



切り替え☆

Posted by とる☆ねこ on 05.2008 息子の話 12 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

大作戦は今日も実行中です。
実は作戦開始後、一つのことに気付きました。

この2年間、息子はオン、オフの切り替え無しに過ごしてきたようです。
親は、不在の時間を自由に使っていると思っていたのに、
意外とそれには、無言の圧力が掛かっていて、
心から自由に楽しめる時間では無かったようです

だから、私たちが帰ってきて、「あれも、これも出来てないの?」
「今からやりなさーい!」と言ってしまうと、
彼にとっては一日中何らかの束縛を受けている気分になり…。

悪循環が生じていたことが解りました。

そこで、休みの日は夕方までに、平日はなるべく9時頃までに、
全ての勉強を終わらせて、「さー、今日は終わった!!」
「後はお互い自由にしようぜ!!」と切り替えをわざと作ってみました。

お陰で、今までの様な拒絶も見られず、何とか持ちこたえています。

もう一つ以前マダム半世紀さんから、ご提案を頂きました、
「文字を書かない息子を、書かせる為に」

ルーズリーフ一枚(表裏)埋めて、50円!!
小遣いを止められて、風呂掃除一回100円で生計を立てている息子。
飛びつかないわけは無い。学校から配られるプリントまで、この際50円にしました。
何という対価主義!!究極の人参戦法!
商売人の関西ならではの作戦かもしれません。

これなら行けそう、そう思って…実行してみたのですが、
これが意外と、思ったように効果がでません。
「うぜー、だるー、やってらんねー」と言いながら書いているので、、
覚えるわけ無いんですよ。

難しいのですね。書いて覚えるって。
私自身はそれは当たり前のことだったので、
誰にでも出来るのだと思っていたら、大間違いでした。

それ以外の、予習復習も結構その気になっていますし、
英語も、読んで訳したりはスムーズに行くのですが、
只単に「英単語を覚える」という、単純作業が出来ない。

つまり息子は、「知る喜び」は知っていても、
「覚える喜び」を、まだ知らないわけで、それを解らせるには、
まず「覚えないと」いけない…ああ、ややこし。

中学英単語は意外と覚えていまして、少しの抜け落ちだけで済むのですが。
新しく出てくる高校英単語には、全く拒絶反応を示します。
まあ、だれでもしんどいことは嫌ですが。

夏休みに、一気に高校の単語全部やるつもりでおりますが、
CDとか駆使して、耳から入れてみようと考え中です。
目からで、だめ、手からで、だめ、となると、耳かからで、どうだ?!

まあまだまだ試行錯誤の最中です。
我がむすこに合う記憶法が見つかればと思っています。

なにせ 「ADVANTAGE」 を書いたら、次は 「DIS~」と書く息子です。
~には、ADVANTAGEが、当然はいるらしいのですが。それは省略。
徹底した合理主義に、ただただ、た・め・い・き…。

仕事でも、新しい動きが出てきまして、
ゆっくり休んでいられない状況が続いています。
今日は朝から仕事に入り、段取りを組んでやっと夕方自室に籠もり、
息子の教科書の予習を始めました。

それでも母は食い下がって、なんとかその気にさせるように
「明日までに半分単語覚えたら、50円!」と、持ちかけて、
様子を見ていますが、一向にやる気はなさそうです。

道のりは始まったばかり。
一歩ずつ前進しなくてはなりません。

ぼちぼちいきまっさ。
ああ、親って、さみしい生き物ね。
早く自立してくれよー!!

勝った☆

Posted by とる☆ねこ on 02.2008 息子の話 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

今日は仕事を殆ど休んで、息子の英語の予習をしていました。
息子にすらすらと答えられるように、です。
既に高校2年生の教科書です。

とにかく、単語をひき、それで解らなければパソコンを駆使して、
3単元まで進みました。

もちろん、息子の教科書のコピーを持っているのですが、
そこに文字を書き込み、重要そうな言葉にマーキングを入れ…。
約3時間かけて、解釈まで終わりました。

そして夕食後、「よし、じゃあ読み合わせたら終わろう!」
そう言って息子の横に座り、息子の英文を聞いていました。
間違える発音もいくつかあり、その都度指摘します。(快感)

一通り読み終えたら、次は訳文です。
これでもしっかりと予習してあった、私の勝ちでした!!

ざまーみやがれ!高校英語、何するものぞ!

たった30分の読み合わせに、3時間掛けたのだから、
負けていて、どうする!!

明日は仕事の日です。でもせめて次の単元まで勧めておかないと、
立場は逆転します。なめられたら、終わり。

作戦は今日もまた、無事終わりました。
もう、へろへろです。
ああ、脳みそ沸いてきそう!



朱雀☆

Posted by とる☆ねこ on 01.2008 息子の話 11 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

昨日の昼、猫の姫が、危うく命を落とす処でした。

昨夜の残り湯が入ったお風呂のふたを、亭主が開けていたのです。
ご丁寧に、お風呂のドアも。
水遊びが好きな姫は、ルンルン気分でお風呂に入って、
湯船の中に滑り落ちた様です。

たまたま、息子が旅行から帰って来て、洗濯物が多く、
残り水は10センチほどになっていました。だから、助かったのです。
前日までの水位だと、ぷっかり浮かんでいたことでしょう。

もう、男ってどうしてこんなに迂闊なんでしょう?
びしょぬれになった姫を必死で拭いている亭主を、しかりとばしました。

チビ猫は、危険が一杯。
電気のコードは噛むは、揺り椅子の下には潜り込むは。
一日に何度はらはらさせられることか、解りません。

早く大きくなって、隅っこに入れなくなって欲しい!
何にでも興味を示す時期が過ぎて欲しいと痛感しました。

ところで息子、作戦二日目。

実は、初めて息子のノートをじっくり見ました。
中2と、中3、各教科目を通しました。

全くと言っていいほど、「何も書いて」いません。先生から配られるプリントもしていません。
何より、「高校数学」に、「式」が見あたりません。「解答」のみの羅列です。

中学入試の時から何度も注意してきたことでした。「途中式を書け!」。
でも、息子は頭の中で計算し、式をたて、答えだけ書くのです。
一文字書くのもめんどくさい!のです。

さすがに近頃はしていないだろうと思っていたら、大間違い。
ひどい時は、教科書を見つめ、頭の中で解答までしてしまっていました。
だから、試験になって、直ぐに「書けない」のでしょう。

ここまで何もせずに、よくまあこれだけでも出来ているものだと、
逆に感心してしまいました。一体、何者だ、こいつは?

やる気のない奴をやる気にさせる。まずはそこからの始まりです。
これがまた、本当に難しい。
やる気のないまま、問題をさせても、こいつの頭には入りません。

さて、これからが勝負です。なんとかその気にさせてやる!!
待ってろよ、期末考査!!私は密かに燃えているのです。

大地の母、朱雀のごとく!!



  

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。