スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まりの季節☆

Posted by とる☆ねこ on 13.2008 ドラマの話 9 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

そろそろ新しいドラマが始まり出しましたね。
我が家のDVDは、賢くて新番組は全て自動的に録画してくれます。

でも、気を付けなくてはいけないのが、
次からの予約は自分で入れなければならないこと。
ついつい忙しくて気づかずにいると、せっかく面白そうな番組が入っていても、
2回目からは録画して無くて、帰って残念に思うことがあります。

知らなければ、それで済んだのに。

今回もこの日曜日の午後から、数本の新しいドラマを見ました。
まず、「ケータイ捜査官7」。ちょっとお子さま向けふうですが、
セブンのハンドパワーが、やけに気に入ってしまいました。
「ケータイを投げるなー!」というセリフも。

「トップセールス」24歳の設定にしては、老けすぎている配役が気になりますが、
こういう、サクセスストーリーが結構好きなので、毎週予約を入れました。

その他にも、「アラウンド40」や、「ホカベン」、
題名は知りませんが、キムタクの総理など、見てみたい番組がいくつか。
キムタクは、何を演じてもキムタクで、それはそれなりに凄いのかな、
なんて近頃思ったりしています。
高橋英樹が、どんな時も、お殿様であるように!

そうそう、ヨンさまの時代劇も有りましたね。
うーん、めちゃ、楽しみにしています。

さて、息子とのバトルですが。
息子の友人には、今、サッカーで、日本代表に選ばれている子がいます。
そして、フィギュアスケートでも、野辺山で練習している子がいます。

そんなごく近い友人たちの話をして、
「君は、どうありたいのか?」と、問いました。

また、私の友人の息子で、とある国の国立大の主席にまでなりながら…。
悲しくも、薬物依存で現在リハビリ中の人間もいるのだ、と言う話をしました。
その子(といっても、30才近い大人ですが)の特徴が、
「自分の今いる立場をありがたいと思えない。」と言うことでした。

その話をした時に、「さすがに、そこまでは。」と息子は言いましたが、
その後は、黙って勉強を続けるようになりました。

今まで全くしたことのない、「授業の予習」です。

私自身、この春までは本当に忙しくて、
子供に一切かまえなかったのも原因の一つかもしれません。
仕事場で、頼りになる人間が増えてくれて、私にも時間が出来ました。

そこで、もう一度、息子に面と向かいたいと思っています。
過干渉をする気はさらさらありません。
でも、もう少しフォローをしてやらなければならないかもしれない…。
そう、判断いたしました。

明日からは、お弁当の復活です。
小遣いも渡さないので、それは当然です。

親も逃げない。だから、君も逃げないで。

そんなメッセージを発信できたら良いな、とそんな風に思います。
「親があきらめたら、子は終わり…。」我が家の家訓です。
それを思い出して、また一から出直してみます。

スポンサーサイト

番組編成期☆

Posted by とる☆ねこ on 20.2008 ドラマの話 2 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

「鹿男あをによし」今日で最終回ですね。

「交渉人」も、「ハチクロ」も、
「エジソンの母」も、「鞍馬天狗」も、終わってしまいました。

「薔薇のない花屋」が後一話残るのみ・・・。

いつも、番組の編成期を迎えると、
この先どうして生きていこうか・・・。そんな心境になります。
毎週楽しみにしていた番組と離れるのが不安なのです。寂しいのです。

「私を一人にしないで~!」

「SP」が、あんな終わり方をした時も、
恋人に突然別れを告げられたような気持ちになりました。

「うそ、こんな終わり方って・・・、ひどい、ひどいわ」

今回のドラマは、結構みんな「当たり」だったような気がします。
どうしようもなく「はずれ」ばかりのシーズンも有ります。

次のドラマが始まるまで、「篤姫」でなんとか食いつないで
そして、次のドラマが、「当たり」であるように祈っている、とる☆ねこです。






ドラマ好き☆

Posted by とる☆ねこ on 04.2008 ドラマの話 4 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

「薔薇のない花屋」見ています。
香取慎吾くんと、竹内結子さんの。

ものすごく、韓国ドラマ風だと思いませんか?

「病気」「出生の秘密」「貧富の差」・・・・これって、韓国ドラマの定番です。
これに、「交通事故」と「記憶障害」を加えたら、なおさら完璧(パーペクト)ですが・・・。

エンディングもまるで冬ソナのイメージ。
(でも山下達郎の曲、結構気に入っています。)

ところで、この後どうなるんでしょう。私の予想では・・・
「雫の本当の父親とお花屋さんは、幼なじみで、二人して院長に復習しようと計画を立てた。」

うーん、考えすぎでしょうか?
残り3回ぐらいで、この展開はきついかな?
韓国ドラマの様に何十話もあるなら、やはり何でもありでしょうけれど。

・・・懐かしの韓国ドラマ、もちろん、はまっていましたよ~。
「美しき日々」「冬のソナタ」「ホテリアー」・・・
何故か何度も繰り返して見てしまいました。

何が、あんなに良かったんでしょうかね。
ストレートで短絡的になった日本の恋愛ドラマに、
うじうじと回りくどい韓国純愛ドラマが新鮮だったのでしょうか。

チョンマリア、チョンマルニ?
オモ!イップダー!コマワヨ!
お陰様で、韓国語もかなり覚えました。

「ヒステリック」というイメージだった韓国語が、
「フランス語」みたいに聞こえる様になったのが、不思議です。
イメージって、変わるものですね。

蛇足ですが、香取慎吾君の、生プリクラを持っています。
友人が、仕事で会うことがあり、一緒に撮ってもらったとか。
自慢げに私に一枚くれたやつです。
さして香取君ファンでも無いんですが、なぜか捨てきれずに持っています。

でも、横に自縛霊の様にオバハンが写っているプリクラなんて、値打ち出ませんよね。
香取君が、世界的なスターになったら、別でしょうけれど。








  

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。