スポンサーサイト

Posted by とる☆ねこ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええじゃないか☆

Posted by とる☆ねこ on 01.2009 本の話 10 comments 0 trackback
とる☆ねこです。


久々に部屋に引き籠もり、
穏やかな午後を過ごしています。



P1020498_convert_20091101152058.jpg


ベッドカバーを、レースからキルトに衣替え。
ベルサイユはもう、冬支度です。


BGMは、近頃すっかり気に入ってしまった、
小野リサさんのボサノバ。


深まる秋に、初夏を思わせる音楽なんて…。
でも、彼女の軽い歌声から、当分離れられそうにもありません。


仕事面では相変わらず忙しい日々が続き、
この不景気にもかかわらず、今期も増収、増益達成。


リストラこそしなかったけれど、無駄な作業を無くして、
徹底的に合理化を進めてきた、とる☆ねこ。


それを理解して、時間給が減るのも我慢して、
付いてきてくれた、従業員さんたちの協力のたまものです。


でも、付いてこれなかった人たちもいて、
愚痴や不満も多く耳にしました。


でも、とる☆ねこは考えているのです。
みんなのために、どんな不況にも負けない、強い会社にしたい。



P1010822_convert_20091101164130.jpg
フリスビーキャット


甘い管理をしていたら、結局は時代に飲み込まれてしまいます。


厳しくとも、安定した企業にする。
それこそが、今、私のなすべき事ではないか、と。


それともう一つ、育児と介護に優しい会社。


子供が熱を出したときに、そばに付いてやれないなんて。
参観日や、運動会にも、絶対行ってあげてほしい。


また、親の介護や、病気などでも、
気を遣わずに、休みを取れる会社。


おかげで、私自身が欠員補充に走り回る日々ですが、
そんな会社が、今時、あっても、ええじゃないか?



P1020531_convert_20091101152135.jpg


今時の医者は、と嘆くお方に。


息子の学校で、はやっていると聞き、
翌日に、16巻まで、大人買い。


息子と二人、一気に読み終えました。
原作も、テレビドラマもなかなかおもしろい。


ドラマと言えば、「JIN」の他にも、
「不毛地帯」、「ギネ」、「おひとりさま」…。


この秋は、テレビの前から離れられません。


三国志は、まだ、第五巻で止まったまま。


ま、人生は、長い!

で、三国志も、長い!!






















スポンサーサイト

感染列島☆

Posted by とる☆ねこ on 17.2009 本の話 12 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

猫息子の学校が、新型インフルエンザの為、
一週間休校になりました。

猫息子の通っている学校のすぐ近くの学校で、
日本初の新型インフルエンザ国内感染者が出たとの事。


我が家は、ナノブロックやN95のマスク、手袋、水、食料品、医薬品等を備蓄。
シャープのウイルスカットの空気清浄機も3台購入。

○国内感染者が一人でも出たら、登下校を車で送迎する。
○パンデミックになったら、二階の玄関を封鎖し、猫息子は奥の部屋へ幽閉。

○我々夫婦は、一階から出入りして、一階で入浴と着替えを済ませて、
 内階段を使って、二階へ上がる…。

等々、パンデミック時のシュミレーションをして、
万全な対策を練ってきたつもりでしたが…。


よりによって、猫息子の学校のある区域で発症するとは…。
そこまでは、「想定外」でした。

連休明けからはナノブロックのマスクをするように言っていましたが、
猫息子の事、ちゃんと付けていたのかどうかは、定かではありません。

その学校の生徒と、同じ車両に乗っていた可能性もありますから、
もしかしたら、もう既に、感染しているかもしれません。


なにせ、猫息子、趣味が麻雀とインフルエンザ罹患ですから。


潜伏期間が5日前後と考えて、
週半ば過ぎまで、体温計と睨めっこの日が続くでしょう。


今回のインフルエンザは、早めに対処すれば軽く済むようですが、
感染力はかなり強いようなので、今後どうなっていくかが心配です。

猫亭主などは、「早めに罹って、ちゃんと入院もさせて貰って、
免疫付けた方が、良いんじゃないの?」等とのんきな事言ってます。

うーむ、確かにそれもありかもしれない。
まさしく、どちらが運が良いのか悪いのか。


折しも私は、「感染列島」を読み終わった直後。

今の日本は、Phase5、パンデミック・アラート期。
いえもう、Phase6、パンデミック期に入ったのかもしれません。

でもこれは、きっと、次の新型インフルエンザの序章に過ぎない。

次に来るインフルエンザが、タミフルも何も効かないウイルスだとしたら。
そして、死亡率の極めて高い恐ろしいウイルスだとしたら。


人々は、為すすべもなく、恐怖のどん底に陥るでしょう。
我々は、未知なるウイルスとの戦いに、果たして勝利できるのか。

まるで、二千年紀の、ノアの箱船。


あ、また私は「感染列島」に、感染していますね。

やっぱり、防護服とゴーグルも、購入して置かなくちゃ。
それから、リンゴの苗も、忘れずに…。


たとえ明日、地球が滅びるとも、
今日、君はりんごの樹を植える。















本日のお薦め☆

Posted by とる☆ねこ on 20.2009 本の話 16 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

奥田英朗著、「ガール」。
久々に、つぼにはまった一冊です。

彼の作品は、伊良部先生シリーズ以外、
読んでいませんでした。

不勉強でした。


女は生涯一ガール。
結婚しても、仕事してても。

そして、歳を取っても、ローバになっても。
(これは、私の付け加え。)

女は男の目なんか気にしていない。
自分が楽しいからお洒落をするのだ。
若くいたいと思うのだ。

そうそう、女は自分が大好きなんです。


私はお洒落じゃないし、化粧もしない。

パックをしてても、コラーゲンを飲んでても、
誰も気付いてくれないと思う。

でも、この年にしては引き締まった身体や、
これだけ疲れているのに、この程度ですんでいる、目の隈。

それはもしかしたら、そう言う努力の積み重ねかも。
生涯一ガールである事を、自分自身が、忘れたくはないから。


「ガール」の中の、短編の一つ、
「ワーキングマザー」も、共感を覚えました。

シングルママが、必死で仕事と育児をこなしていく。
男親の部分まで、補おうと、キャッチボールの特訓をする。

我が家も息子が小さい頃は、
亭主の仕事が忙しくて、
ずっと、シングルマザーのようでした。

パジェロに息子を乗せて、雪山にも行ったし、
海外旅行も、私が一人連れて行きました。

父親も一緒の家族連れを横目で見て、
羨ましく思ったりもしました。

キャッチボールも、よく息子とやりました。

「○○君って、パパいないの?」
息子の友達に、そう言われた事もありました。

でも、必死で父親の役割まで勤めていました。
懐かしい思いがこみ上げてきて、本を読みながら泣いてしまいました。


ここに来られる女性の方達には、きっと共感頂ける一冊だと思います。
男性陣も、女性の心理が少しは解って頂けるかも。


それから、音楽でも、お勧めの女性シンガーが。
MELODY GARDOT (メロディ・ガルドー)。

ジャズシンガー。
なんでも、奇跡の復活を遂げた女性らしいですが…。

20代前半とは思えない、素晴らしい声の持ち主です。
今もヘッドフォンで聴きながら、ブログを更新しています。

二つアルバムを出していますが、
どちらもお勧めです。


さて、今日は朝6時起きで息子の弁当を作り、
家中に掃除機をかけ、洗濯をし…。

また、忙しい一週間の、始まりだっ!!
仕事に行って来ます!!












ガリレオ☆

Posted by とる☆ねこ on 24.2008 本の話 18 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

今日は親子三人、バラバラの夕食。
初めてのことかも知れません。

息子は、クラブの先輩の「追い出し」。
帰宅が23時頃になるようです。

中学生と高校生の集団が、焼き肉屋で「宴会」するのです。夜遅くまで。
さすがに中一の時は心配で、店の前まで迎えに行きました。

高校になると、食事の後カラオケに行って、夜中まで歌うらしい…。
電車無くなるのに、どうして帰ってくるつもりだろう…。

高校生から朝帰りとは…。
なんとも恐ろしいクラブの「しきたり」です。


亭主は、(自称)組合の打ち合わせ。
お風呂に入って、良いにおいをさせて出かけました。

帰宅は午前様かな?
いつもは九時過ぎには寝てしまうのに、お元気な事。


でもお陰様で、私は今夜、一人自由に過ごせます!!
ビール片手に、只今ブログ更新中。

本来一人が好きなのに、一人になれることがほとんど無い私にとって、
久しぶりの「恵みの雨」のような時間です。


じんわりと 心にしみる ひとりかな


音楽も流さず、時計の音だけが響いています。
猫が、膝の上で眠っています。


今夜はこれから、今日発売された、
東野圭吾のガリレオの世界に浸ります。

「ガリレオの苦悩」が先か、「聖女の救済」が先か。
「竜馬様」には悪いけど、ちくっと「湯川学」と、難事件を解決して参ります。


白衣の福山雅治が…
「面白い、じつに面白い。」そう言いながら、手招きをしています。


あああああ、もう、行くしかない!!




読書の秋☆

Posted by とる☆ねこ on 25.2008 本の話 21 comments 0 trackback
とる☆ねこです。

お久しぶりです。
ずっと、幕末辺りを彷徨いておりました。

読みかけで終わっていた篤姫を再び初めから読み直し、
まずは読み終わると…。

井伊直弼、勝海舟、皇女和宮…。
等々、それら登場人物の色々なことを知りたくなり…。
手当たり次第に、本や資料を読んでいます。


実は、毎年私はこうなんです。


昨年は、井上靖の「風林火山」に端を発して、
私の興味は、武田信玄、上杉謙信、真田幸隆等に及びました。

挙げ句の果てに、「孫子」をかじり、
「論語」にまで発展しました。

その前の年は、山内一豊関連の書物を読みあさり、
そのまた前年は、義経…。


そう、大河ドラマの思うつぼです。
しかしながら今年は人物大杉。

私も薩摩の諺、「一方聴いて沙汰すんな」の通り、
色々な角度から篤姫や和宮を知りたくなってしまうのです。


時は読書の秋。


仕事や家事の隙間を縫って、
心は幕末を駆けめぐっております。
果てさて、このマイブーム、今年はどこまで行くのやら。


皆さんのブログも拝見したいし…。
時間がいくらあっても足りません。

また、ボチボチ現世に帰ってお伺い致します。


今日は最後に、去年、はまっていた風林火山。

其疾如風、其徐如林、
侵掠如火、難知如陰、
不動如山、動如雷霆。

其の疾きこと風の如く、其の徐(しず)かなること林の如く、
侵掠すること火の如く、知りがたきこと陰の如く、
動かざること山の如し、動くこと雷霆(らいてい)の如し

それを引用して、私も作ってみました。
題して、「亭主火山」


其のつきまとうこと千の風の如く、其の口煩きこと姑の如く、
嫁の人権侵略すること火の如く、髪少なきことハゲの如く、
体太りたること山の如し、動くこと地震の如し。


さて今夜はこの辺で。
お休みなさい!



  

プロフィール

とる☆ねこ

Author:とる☆ねこ
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

FC2カウンター

ブログ内検索

Web page translation

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。